2005年06月30日

本日の藍色的SEED論

 はいっ、ぶっちゃけ実習でかなり疲労し、今もすぐ横になりたい藍色です!!
 ですが頑張って、ご無沙汰過ぎるSEED論を書きたいと思います!!

 今日も引き続き、SEEDのCOMPELET BESTから、第三クールめのオープニングとエンディングの感想を!! 
 え、テンション高くないかって!?高くしないとやっていけません!!こんちくしょー!!

 第三期オープニングは、これがデビュー曲の玉置成実で「Believe」

 まぁぶっちゃけて言うと、最近の高橋瞳の歌を聞いてると、玉置成実より高橋瞳の方が歌は上手い気がするんですよ。どっちもどっちですけど。
 
 今回のBelieveは、曲としては好きなんですけどね。
 サビの最後、「出逢えることを信じて」の部分は、なんかキラとアスランっぽいんですけど、それ以外は恋人たちの事を歌っているような歌ですよね。
 
 でも二番の歌詞は、キラとアスランぽいんですよ。
 「一緒に眺めた星空〜消えたりはしない」の所とか。
 次の「耳を澄ましたなら〜」の所とか。
 そんで二番のサビの最後の「きっと僕ら二人これから〜意味があるのなら」とか。

 でも「今は二人せつなくそらした瞳 出逢える事を信じて」
 は、キラとアスランぽい感じがする。

 私がSEEDの曲を聴いて気に入るかは、曲自体のこともありますが、何より「SEEDに合っているか」が一番重要なのです。

 エンディングは、元米米CLUBの石井竜也で「RIVER」

 これは売上自体は他の曲よりも悪かったみたいですけど、私個人としては好きです。

 これはもう!!一言に限ります!!
 「キラとラクスだ!!」と!!
 
 最初から「何もかも上手くいかないもどかしさに〜抱え込んだ膝小僧」
 「悔しさを〜夜が明ける」
 「そう確かに〜諦めない」
 「もう一度この手に〜夢が叶うまで・・・」
 
 あぁ〜まさにプラントに行ってから悩み苦しんだキラと、それを支え諭したラクスのことだ〜
 ・・・と思います。

 そして二番もいい!!二番のサビ以外の歌詞もあの二人を思わせる歌詞です〜★

 何より、二番の歌詞は一番以上にあの二人を思わせます!!

 「そう 愛が全てを助けるとは思わない だけど君の微笑み 心を癒すその唇に 立ち上がる勇気をもらうのさ」
 ねぇ!?そうは思わないですか!?「君の微笑み」「心を癒すその唇」まさにラクス!!
 「立ち上がる勇気をもらうのさ」まさにキラ!!
 まぁ、あの二人はきちんとしたキスはしてないのですけど・・・。(私が見る限り)

 そんなわけで、この曲は結構好きです。でも曲名がなぜ「RIVER」なのだろうと思ってます。

 はぁ・・・書ききった・・・頑張った自分・・・。
 そういえば、今日で六月も終わりですね。
 おっ、六月は一日も欠かさず書いた!!やった!
 今までは、一日は書いてない日があったのに。よく頑張った、自分!!

 というわけで、明日から七月です。
 早いですねぇ。七月って聞くだけで、夏という気分になります。天気とかはすでに夏ですけど。
 七月もよろしくお願いします。

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。
 
 
posted by 藍色 at 22:57| Comment(6) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

デスティニー!?

 最近、街中やテレビや大学の講義で、「運命」とか「デスティニー」とかいう言葉が出ると、大げさに反応してしまう藍色です、みなさんこんばんわ。

 なんかデスティニーネタが読めると思って訪れたそこのアナタ!!
 すいません、今日はデスティニーネタではありません・・・。

 いや、書きたいのは山々なんですけど、明日は一日、保育園で観察実習があるんです。

 そのための準備と、早く寝なきゃいけないのもあって、今日は書けません・・・。
 だって早く寝て体力温存しないと、明日子供たちのパワーに負けるだろうから・・・。

 明日はSEED論で書き途中の、SEEDの歴代オープニング・エンディングの第三クール目の感想を書きたいと思います!!
 ・・・いや、書ける元気があったらですが・・・。もしかしたら子供たちのパワーに負けてグダグダになってるかもしれないので・・・。
 
 というわけで、今夜はこの辺で・・・。

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。

posted by 藍色 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

本日の藍色的デスティニー論 再放送版

 ついにキラ復活〜♪のデスティニー再放送 感想行きます!!

 第13話「よみがえる翼」

 地球軍との戦闘で、ボロボロのミネルバ。
 「シンのおかげね」
 「ええ、もう!!信じられませんよ
 ・・・え?まさかシャレじゃあないですよね、アーサーさん?
 「議長はDNA解析の専門家ですから」
 そぉだったんだ〜。知らなかった・・・。

 戻ってきたシンに、拍手喝采。
 レイが声をかける。
 「なんにせよ、お前が船を守った。生きていると言うことは、それだけで価値がある。明日があるということだからな」
 なんつーか・・・ここですでにレイは議長の命令でシンを上手く扱う為に動き出していたような・・・。そんな感じがします。

 カガリは、慰霊碑?の前で考え込む。
 そこへユウナが。
 なにやらグダグダと、カガリに言って聞かせています。
 車の中。
 つっけんどんにユウナと話す。
 あ〜、カガリっぽいよ。うん。指導者としてはダメな態度かもしれないけど、ああいう態度こそカガリだよ。
 でもさ、確かに、ユウナとはナチュラル同士。
 コーディネーターのアスランとナチュラルのカガリ。これって実際はどうなんでしょうね・・・。キラとラクスはともかく。
 でもさー、あんな風にいって結婚を迫ってるけど、なーんか脅迫してるみたい。まーそうか、欲しいのはカガリじゃないもんね。

 キラたち。
 コーヒーを入れるバルトフェルドさん。
 「君の好みが段々分かってきたぞ」「レディファーストだ」「あぁ、よければ君も一緒に」
 いやぁん、意味深〜v
 というか、ここで突っ込むべきは。
 ラクスとキラ母。トマトだけで何を作る気ですか?つか、キラ父は?

 暗殺部隊が到着。
 しかし、これ見て思うのは、リーダーの声優、へたくそすぎってことですよ。
 ハロが異変を察知?ハロってすごいんだ。

 移動開始。
 しかし、途中の戦闘、マトリックスみたいでしたよね・・・。
 ぬあぁぁ〜!!バルトフェルドさんの腕がぁ〜!!
 ・・・とか思ったら、義手でした。
 しかし、中に銃か・・・。ちょっと違うけど、フック船長みたい・・・。

 アッシュ出撃。
 アッシュの目の部分、「さくら大戦」の光武に似てません?(分かる人いるかな・・・)
 
 キラたちピンチ。
 「鍵」を出すよういわれ、戸惑うラクス。
 うぅ〜ん・・・。ラクスの気持ちは分かるよ・・・。このままじゃ死んじゃうけど、だからってキラにまたアレに乗せるのも、ねぇ・・・。
 「キラ・・・!!」のラクスのセリフが・・・っ!!カワイイ!!切ない!!
 しかしまー、あんなにボロボロになったのに、よく直しましたよね、フリーダム。
 フリーダム発進。
 でもこの映像は使いまわしだと思う。

 フリーダム登場。
 リーダーの「えええ!!??」だけは上手いと思う。
 キラは早速種割れ!!
 バッタバッタと倒していきますが、最後にリーダーを倒す時、順番に頭、手、足と撃っていくんですけど、なんか・・・残酷じゃないですか?キラ・・・。なぶり殺しみたい・・・。
 そして部隊は自爆。さすが特殊部隊。
 ・・・トリィはいつの間に、フリーダムの中に入ってたんですか?

 次回「明日への出航(旅立ち)」
   アークエンジェル発進。カガリの結婚式が!!
   そしてノイマンさんがぁ!!

   「さらなる未来へ、発進せよアークエンジェル!!」この文句、好きだ〜。

   人気ブログランキング ←リンク貼れなかったので、前々回ぐらいの記事から押してくださると幸い・・・。すみません。
posted by 藍色 at 23:26| Comment(4) | TrackBack(0) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

文化放送ラジ種デス

 うわわ、久々のラジ種デスですよ〜。あ、中身は「アスラン脱走」前のラジオですので、ラジオ大阪の人は注意。

 ゲストは坂本真綾さんv
 
 なんでだか、オープニングから撮れてなかったので、ふつおたから〜。
 
 「ハイレグの歌」って・・・。でも二人が言ってたメロディのイメージは私も一緒でした。

 デスティニー ニュース スクランブル

 ルナマリアが名前を言っただけなのに、「よく言えました」って・・・。
 しかしまぁ、ホント今までのゲストの人たちの中では、一番真面目に答えてましたよね、坂本さん。
 最後に、ルナマリアに鈴村さんが
 「あのー、ルナマリアさん、今がアスランを口説くチャンスなので、頑張ってください」
 と言ってましたけど、めっちゃ元気に
 「ハイ!!」
 って答えちゃったよ、ルナマリア(笑)

 あと、シンがキラを倒した事について鈴村さんは。
 「俺はね、シンに言ってやったよ、『お前は斬るなら縦に斬れ』って。刺すなっつの、詰めが甘いんだよ」
 何かさらっと残酷ですね・・・。
 イザークとディアッカが出た事について。
 鈴村さんのイザークの真似、うまかったです(笑)
 ネタか尽きたので、ルナマリアについて語るお二人。
 ルナマリアのセリフで多いのは、一番が「アスラン」で、次は「シン」で、最後は「・・・」だそうです(笑)
 しかも「アスラン」にはバリエーションがあるらしいです・・・。感情の込め方とか。
 たまにシン、といってたら、「シンにも気持ちこめて」と言われてました(笑)

 インパルス、行きます!!
 坂本さんの叫び。
 「電車で妊婦さんに間違えられた」
 キッツイなー・・・。妊婦さんか・・・。これは同じ女として、辛さは分かりますよ。
 いくら服がそう見えるのだったとしてもねぇ・・・。
 保志さんの真似をする鈴村さん。
 ・・・キモいっすよ。

 「セブンイレブン」の話、私もこないだまでは知りませんでした。

 「パケ代108万」
 マジかよ!?と思ったら、パケット定額制のやつですか。
 でもそれを聞くと、ほんとに定額制っていいなぁと思いました。
 う〜ん、でもなんか学割きかないみたいなんだよねぇ・・・それは困るんだよなぁ・・・学生サンは金がないから・・・。

 どうやら昨日のラジオ大阪は、小野坂さんのなんか特別番組だったみたいですね。
 デスティニーも特別だったとか。
 いいなぁ・・・どんなんだったんでしょうか。
 
 次回も坂本さんがゲストですv

posted by 藍色 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

今日のエウレカ感想は

 別館である「アニ趣味!」で書いてます。どうぞそちらをご覧下さい。
 なんかリンクが二つありますが、どちらも同じ記事書いてますので、どちらでも。

 右のお気に入りリンクから。よろしくお願いします。
posted by 藍色 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デスティニー 36話「アスラン脱走」補足

 ふぅ、トラックバックしてもらったブログさんにトラックバック返しをするって結構時間がかかるんですよね。何しろただトラックバックするだけじゃなくて、そこの記事も読ませてもらうし。

 そうやって、私はこの補足を書いてます。

 では、補足いきま〜す。

 議長VSアスラン
 「ならばなぜ、私たちのところへ来なかった?」
 「そりゃーラクスが暗殺されかけたから、キラはあんたのことが信じられないんだよ!!」
 ・・・なんてことは、もちろんアスランには言えません。
 でもそこでミーアのことをバラさなかったですねぇ。
 これは何ででしょう、ミーアの身の危険を恐れてですかね。フェミニストやな〜。
 
 ロゴスを撃つ事。
 「彼らは言葉を聞かない」
 って、あんたはロゴスに対話の呼びかけをしたのか?
 そういう努力をしてからだったら分からなくもないけど、してないんだったらそんなこと言うな。
 「本当にこれでロゴスを滅ぼす事が出来るのから・・・」
 タリアさんも疑い始めてます。

 キラ・ヤマトのこと。
 「彼は不幸だったと、気の毒だと思っているよ」
 でもさぁ、だからってキラも本来はきちんとして戦うべきだった、というのはおかしいですよ。
 戦いたいとか、戦いたくないとか、それって個人の意思でしょう?
 アスランだって、戦争なんて嫌だと思ってたけど、それしかないと自分は思ったから戦いに身を投じた訳で。
 「ザフト軍最高責任者として、私はあんなわけのわからない強大な力を、ただ野放しにしておくことはできない。だから撃てと命じた」
 「強すぎる力は争いを呼ぶ、と言ったのは、当のオーブの姫だ」
 
 訳の分からないものは恐いですよ、確かに。
 でも、なんで、「だから撃たなければいけない」んですか?
 別に撃たなくても、せめて話してみてからでもよかったのでは?
 まぁキラがそれに応じるとは思えないけど、でも声ぐらいかけてみればよかったのでは?
 野放しにしたくないなら、その巧みな話術で自分たちの中に引き込める事も出来たかもしれないのに。その方が色々と都合がよかったかもしれないし。
 いきなり撃て、ってのはおかしいですよ。

 長くなりそうなので、「続き」から続きを見て下さい。

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。

 続き
posted by 藍色 at 22:03| Comment(4) | TrackBack(1) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

六月二十五日放送 デスティニー感想

 さて、ついに、というかやっとかよ!!なお話だった今回のデスティニー。
 いつものように、難しく考えた部分は明日の補足で。今回はあくまで感想を。

 「アスラン脱走」
 今回の作画監督は山口さんv山口さんのアスラン好きですv

 デスティニーとレジェンドについて説明する議長。
 「最強のMS」と呼ぶデスティニーが自分のものだと知り、目を輝かせて喜ぶシン。ほんと新しいおもちゃをもらった子供ですな。
 つか、君はいつの間に軍服のボタンを閉めていたの
 「デスティニーは、特に君を想定した調節がされている」
 「俺を・・・ですか?」
 こら、「俺」じゃないだろ、「自分」だろ!!
 まったく、最近の若者は目上に対しての口のきき方がなってないんだから・・・。
 誉められまくりのシン。いや、おだてて言い様に扱おうとしてるのに気づけよ。
 「戦いを終らせる為に戦うなど、矛盾した困った話だが」そりゃそうだ。

 AAとフリーダムを討てといったことに対し、異議を唱えるアスラン。
 デストロイの話を出され、ムカッとするシン。
 「ならばなぜ、私たちのところへ来なかった?」
 そりゃー、ラクスのことがあったから。・・・なんて言えないよな。
 だからって、ミーアを睨むのはいかんよーアスラン。
 そしてミーアのことでラクスを持ち出すことにより、さらに嫌悪感をあらわにするアスラン。
 くってかかるアスランに、シンが「アスラン!!」
 ・・・これで何回目だろ、シンがアスランて呼ぶの。
 議長の、「誰もが皆幸福に生きられる世界」
 そしてそれに憧れるシン。
 ・・・なんか・・・「義経」みたいなんですけど・・・。ええ、大河ドラマ、見てますよ?
 
 ジブラルタル。
 つーかキサカさーんー!!なーんで地球軍の服着てんですかぁぁぁー!!!
 そして連合の艦隊がジブラルタルへ。
 どうやら議長の言葉に賛同した一部らしい。

 レイとギル。
 前みたいに飛びついたりはしないんだぁ〜。

 悩むアスラン。キラと議長の言葉が頭を巡る。
 そこへミーアが。レイとギルの話を立ち聞きした模様。
 「やはりダメかな、アスランは」やっぱレイって監視役みたいなものだったんですね。
 しかしクサいこと言うな〜。「胸の中で」とかv

 窓から逃走・保安官を倒し、ミーアを連れるアスラン。
 前作でザラパパに捕まりかけて、ダコスタさんに助けられた時みたい。

 ミーアがアスランの手を振り切る。
 「あたし・・・あたしはラクスよ!!違う!!あたしはラクス!!ラクスなの!!ラクスがいい!!」
 あ〜、やっぱそう思ってたんですねぇ。そうなっちゃうよなぁ。

 そしてメイリンの部屋へ。
 脱ぐって、そういうことだったんですねぇ。なーんだ、つまんないの。
 なんとかやりすごす。でも恐かったよなー。可哀想に・・・。アスランてば、女泣かせなんだから!!
 車で格納庫へ。それに気付くレイ。

 メイリンは、アスランに憧れてたんですね。「好き」とか言うのとは、ちょっと違う気がする。
 そこへレイ。
 「やっぱり逃げるんですか、また!!俺は許しませんよ、ギルを裏切るなんてこと!!」
 わ〜、やっぱギル命や〜。
 しかし、さすがアスラン。へタレへタレと言われながらも、腕は確かなようです。見事レイの銃を落とす。
 差し伸べた手は、メイリンだったんですね。

 そしてさっそくデスティニーとレジェンド発進ですか。コックピットも前とはちょっと違うみたいですね。
 
 次回「雷鳴の闇」
 いやー、いくらアスランでも、グフVSデスティニー・レジェンドはキツイでしょ。

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。


posted by 藍色 at 22:12| Comment(7) | TrackBack(15) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

そぉいえば

 私、コメントいただくと、お返事返してるのですが、そのお返事って読んで頂いてるのですかね?ちょっと思いました。

 さて、今日から少しおもしろいことをやっていこうかなと。

 街中を歩いてると、当然人とすれ違いますよね。
 その時、すれ違った人たちの会話が、断片的に聞こえてきたりしますよね?
 
 そこで、今日から私がすれ違いざまに聞こえた面白いセリフを毎日書いていきたいと思います。

 タイトルは・・・えーっと・・・。
 「本日のお言葉」
 ありきたり・・・。

 では、今日は。
 ある男子高校生の言葉。

 
俺に足りないものが見つかった


 ・・・一体何が見つかったんだぁぁぁ!!というか、お前に足りないものは何なんだあぁぁ!!
 とツッコミたくなりました・・・。
 彼に足りなかったものって一体・・・そして見つかったって、どうやって、何が、どこで・・・。

 はい、くだらないですが、なるべく毎日書いていきたいと思います。

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。
posted by 藍色 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の藍色的SEED論

 はい、昨日はすみませんでした。おかげで、小テストの方はバッチリでしたv
 (いやあのですねー。準備はばっちりだったんですよ?でもですねー、何しろ30分で五枚も書けなんていうもんですから、どう考えても間に合わないっつの。おかげで手が腱鞘炎になるかと思いましたよ!!時間なくて、四枚しか書けなかった・・・)

 では、引き続き、SEEDのCOMPLETE BESTから、各クールごとのオープニング・エンディングの感想を。

 今回は第二クール。エンディングは第一クールに続き、「あんなに一緒だったのに」でしたので、今日はオープニングだけ。

 あのビビアンと元サムシェイドのKazumaが組んで歌った、「moment」

 前奏なしでいきなり始まりますが、この時の映像が思い出されます。好きですね、あの映像。
 フレイが出るのは疑問を持ちましたが。最後に手を祈るように組んだラクスがv

 サビの「巡りくる〜」の所で、ラクスとキラが向かい合ってるのとか、好きです〜v
 「二人まださまよいながら この暗闇の彼方に愛を探して・・・」
 これとか、もぉキラとラクスの事を歌ってるように思えてなりません。
 なんだかんだ言って、キラとラクスのカップルは好きです。
 絵になると思うのは、やっぱりアスランとラクスですけど。

 今日はラジ種デスで〜す。
 先週寝てすごしてしまい、聞き逃しました・・・っ!!くそう!!ゲストは坂本真綾さんらしいです。
 そして明日はついに「アスラン脱走」!!最近セリフのなかったアスランがたくさん喋りますv

 人気ブログランキングに登録中!!なぜかリンクが貼れないので、昨日の記事から押してください。
 押してくださると幸い。どうぞよろしくv

posted by 藍色 at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

ぐはあぁぁ・・・。

 
 ごめんなさい・・・。今日は昨日のSEED論に続き、SEEDのオープニングとエンディングの各曲の感想を書こうと思ってたのですけど、明日の講義で小テストがあり、それのための対策を練らなければならないので、SEED論は明日にしたいと思います・・・。

 あ〜なんでやってなかったんだ、自分・・・。

 という訳で。
 
 押してくださるとパソコンの前で踊りだし、今後の更新の意欲となります。どうぞよろしく。
       ↓
   人気ブログランキング
posted by 藍色 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

本日の藍色的SEED論

 うわぁぁ、すっげ久々のSEED論ですヨ!!デスティニーのカテゴリはどんどん増えてるのに、SEEDのカテゴリは全然ですねゞごめんなさい、最近忙しくて、SEEDも見直してないのデス・・・。

 さて、コメントいただいたゆう様と神殿騎士様から、なんだか期待されてしまい、ちょっとばかし緊張しております。
 期待はずれだったらごめんなさい・・・。

 SEEDネタがない最近書いてなかったので、SEEDのオープニング、エンディングのベストから、各曲の感想をば。

 どう書こうか迷ったのですけど、やはりクールごとに分けた方がいいだろうと思いまして、クールごとに書いていきます。
 今回は、第一クールの分を。
 いえ、全部書いてもいいのですが、明日からのネタがなくなる長くなるのでv

 記念すべきSEED一段目のオープニングは、T.M.Revolutionの「INVOKE」

 ハァ〜。久々に聞きましたが、やっぱいいですねぇ。
 本当にSEEDを思い出します。
 というか、やっぱりピッタリですよ。SEEDに。

 前奏の部分を聞くと、「あぁ、SEEDだなぁ」なんて思ったりします。

 「すれ違い急ぐたびに〜感じている」
 のところとか、私的にはキラとアスランの事を言っているように感じます。
 あ〜ほんと、やっぱSEEDですねぇ・・・。

 そして爆発的ヒットになった、第一弾エンディングのSee−Sawの「あんなに一緒だったのに」

 タイトルからしてまさにキラとアスランの事を彷彿させますよねぇ。
 前奏のヴァイオリンがまた・・・。いい味出してますよ。

 サビ以外のところは、キラとアスランと言うよりは、別の事をテーマにしているのですけど、私がSEEDだなと思うのは、2番のサビの部分です。
 「ふぞろいな二人に今 たどりつける場所などないんだ」
 まさにふぞろいでしたねぇ・・・。ホントにどうなるんだと思ってましたから、すごく当てはまる歌詞だと思います。
 これは第二クールにも引き続き使用されましたよね。

 ぐはっ、頑張ったつもりなのに、たいした事ない内容・・・。ごめんなさい・・・。
 では、次回は第二クールのオープニングを。

 調子こいて登録してしまいました。
 押してくださると幸い。さらに頑張る気力になります。どうぞよろしく。
   人気ブログランキング
posted by 藍色 at 21:34| Comment(4) | TrackBack(1) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

本日の藍色的デスティニー論 再放送版

 昨日、「今日のはアスランがザフトに戻る話で〜」みたいに、アスランメインのような書き方をしてしまったのですが、それは最後の最後で、メインは「シンの初・種割れ」でした・・・。
 ごめんなさい。だってアスラン大好きなんだもん!!

 はい、十二話「血に染まる海」

 アバンはザフトの降下作戦開始。地球軍と戦闘に。
 オーブを出航したミネルバは、待ち構えていた地球軍と後ろを固めているオーブ軍にはさまれ身動き出来ず。
 タリアさんは正面突破を決定。
 しかし、タリアさんの口紅、上唇の方、塗ってないように見えるのですが・・・。
 シン、レイ、ルナマリア発進。

 戦闘開始。
 しかしまー、数多いなー。実質的に倒してるのがシンとかだけってキツイですよ。

 なんて戦闘が繰り広げられている海上を見つめる男が一人。
 あ、キラ!!
 「どうしましたの、キラ」
 「誰かが泣いてる。また・・・」
 なんで分かるんですか、キラ様。さすが最高のコーディネーター。
 「なんでだろう・・・なんでまた・・・」
 ハァ〜。もぉなんか、キラだから、でいいっす。

 戦闘中のミネルバは。
 倒しても倒しても出てくる地球軍のウィンダムが出てくる。数が多すぎて、空が狭いよ。
 そしてザムザザー発進。三人がかりじゃないと動かないのか。
 なんか動物っぽいですよね。てか、デカすぎ。

 そんなザムザザーにあせるミネルバ。タンホイザー起動。
 起動させるアーサーが、一人で映ってた。うわー、数えるほどしかないよね・・・。
 しかし、タンホイザーを受けてもケロリとしているザム。あの・・・なんか腕?みたいなやつが赤くなる。熱そー。
 カガリがオーブ軍司令部に到着。あっ、トダカさんだ!!

 ザムを倒せずあせるシン。インパルスのパワーがそろそろやばいよー。
 レイたちも苦戦中。つか、ブレイズザクファントムの肩についてるシールドみたいなやつ。あそこの裏に銃の補充、付いてたんだ。

 オーブ領海に近づくミネルバ。
 ユウナは警告、威嚇射撃を命令。
 なおも食い下がらないカガリに対し、
 「国はあなたのおもちゃではない!!いい加減、感傷で物を言うのはやめなさい!!」 
 よく言ったユウナ!!こればっかりはあんたを誉めるよ!!
 全くその通り。

 インパルスのパワー危険値へ。オーブは威嚇射撃開始。そんなオーブに気をとられてたシン、ザムに捕まる。
 海面へ引っ張られる中、装甲が切れる。足をとられ、落ちていくシン。
 そんな中思い出されるのは、家族や(なぜか)カガリ、そして妹・・・。
 「こんなことで・・・こんなことで、オレはぁ!!!」
 ついにシンの種が割れる!!

 メイリンにデュートリオンビーム、レッグフライヤー、ソードシルエットを要求。
 このときはまだ冷静に話してました。
 そして初・デュートリオン。これってやっぱすごいですよねー。なのに今まで使ったのって、コレとあと一回だけ・・・?
 そしてザムを撃破。ここでレッグフライヤーを交換するのですけど、交換したやつって、どうなるんでしょう・・・。そのまま海に落とすのかな?そしてソードシルエットを換装。

 地球軍艦隊をメッタギリ。ミネルバも、オーブも、地球軍もみんなボーゼン。

 ・・・と、今回はシンの活躍だけで終るかと思ったら。
 そのころのアスラン(笑)
 議長たちの前で、再び赤を纏っていた。
 フェイスのバッジを渡される。
 「君は己の信念や信義に忠誠を誓ってくれればいい」
 内心はそうじゃないんでしょ?
 「君は自分の信じるところに従い、今に脱することなく、また必要な時は戦っていく事の出来る人間だろう?」
 だから、そうだとは思ってないんでしょ?
 「ザフト、プラントのためだけではなく、みなが平和に暮せる世界のために」
 こんなこと言ったら、アスランが断れる訳ないでしょー。
 そして了承するアスラン。
 なーんでこの後、ミーアと意味ありげな視線を交わすのかなぁ?議長?

 「あの船(ミネルバ)に私は期待している。以前の、AAのような役割を果たしてくれるのではないかとね」
 とかなんとか言ったくせに、結局は落とせって言うんじゃーーーーん!!!バカーーー!!!
 「アスラン・ザラ、セイバー、発進する!!」
 「出る!!」の方が個人的には好き・・・。

 次回、ラクスが狙われ、キラが復活!!

posted by 藍色 at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

懐かしv

 今日市の図書館に行ったんです。そしたら、小さい男の子を連れたお父さんの携帯が鳴りました。 
 着メロは、SEEDで一番最初のオープニングだった、TM西川さんの「INVOKE」でした。

 鳴った瞬間、思わずかなりのオーバーアクションで振り返り。
 「お、お父さん!!SEEDもといデスティニーファンですか!?つか、ガンダムファンですか!?」と聞いてしまいました。
 ・・・なんてのはうそで。(オーバーに振り返ったのはホントですけど)
 でもホントびっくりしました。サビの「♪早すぎる時の〜♪」が流れたんです。
 
 もう懐かしいですよね〜。ホント久々に聞いたなぁ。

 なんて思ってたら、SEEDのベストが聴きたくなりました。
 そーだ、最近ネタないからSEEDの事書いてないから、ベスト聴いて各曲の感想とか書こうかな・・・。

 今日はデスティニー再放送です。今日は十二話。アスランがザフトに戻る決心をして、議長からフェイスのバッジもらったりする回です。
 そろそろラクスが狙われる話だな・・・。キラのフリーダム復活もv
 
 感想は明日で。
 では、今日TUTAYAでデスティニーのサントラ借りようと思ったら、1も2も借りられてて、かなり悔しかった藍色でした。(だっていつ行ってもないんだよ・・・。今日こそと思ったのに・・・)
posted by 藍色 at 21:54| Comment(4) | TrackBack(0) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

デスティニー 35話「混沌の先に」補足

 では、補足。感想とかぶってたり、シリアスだったり、突っ込んでたり。

 キラの押してたエマージェンシーボタン。
 なんで二つ押してるのか・・・と書きましたが、他のブログさんでも書かれてました。
 一つは、ニュートロンジャマーキャンセラーの停止、切り離しボタンだったんですね。
 そーか、だから先週の爆発は核ではなかったんだ。
 さすがキラ、やられながらもそういう所はしっかりしてたんですね。

 さて、アスランVSシン・レイ

 「あいつを撃てたのがそんなに嬉しいか!?得意か!?なぜあいつが・・・っ!!」
 「嬉しかったら悪いんですか!?強敵をやっと倒せて、喜んじゃいけないんですか!?
  じゃあどうしろって言うんですか!!泣いて悲しめってんですか!?祈れってんですか!!
  それとも俺が撃たれりゃよかったとでも言いたいんですか、あんたは!!」

 フ〜、結構長いな、シンのセリフ。
 そりゃ嬉しいでしょ、得意でしょ、アスラン。
 まぁ最後の「それとも〜」の部分はともかくとして。

 「AAとフリーダムを撃てと言うのは、本国からの命令です」

 レイのこの言葉。これはねー、もっともだし。
 今回のシンはステラのこともあって、結構私情が入ってたりもしたんですが、命令どおりシンはフリーダムを倒したわけだし。
 いくらキラがシンを殺そうとはしていなかったとは言え、アスランのセリフはバリバリ私情ですよ。
 
 「敵です。本国がそうと定めたのなら敵です。我々はザフトですから。
  ・・・我々はザフトであり、議長と最高評議会に従うものですから、それが定めた敵は敵です」
 
 レイのセリフより抜粋。
 確かに、今のアスランは「ザフト」に所属している。
 なら、議長たちが決めた事に従う義務がある。
 そんなに議長のいう事に納得出来ないなら、さっさとザフトを抜ければよかったのに。
 まぁ、議長がキラ達を撃てというとは思ってなかったんだろうなぁ・・・。
  
 「アスランが信じて戦うものは何ですか。いただいた勲章ですか。お父様の命令ですか」

 これはマジでラクスの名セリフだと思う。
 
 しかし、アスランはキラキラばっかり。
 AAも狙われたんだから、カガリの心配はしなくていいのか?
 指輪までやったくせに・・・。恋人よりも親友の心配か・・・。
  
 「しかし、すごいものだね、人々の力は。恐ろしくもあるよ。こちらが手をつかねているうちに、こんな事になってしまうとは」
 いや、あんたがそうなるように仕向けたんだろ。どーせ。

 「撃つべき敵と、その理由が納得できなきゃ、誰も戦わないもの。今私たちには、はっきりとそれが示された。ありがたいことかしら、軍人としては」
 前半はもっとも。理由もなく撃ったら、それは正規の戦いではなく、ただの虐殺ですからね。
 ま、戦争に正規もなにもないですけどね・・・。

 「それが戦争を終らせる唯一の方法だから・・・。だったら俺だって、どんな敵とでも戦ってやるさ!!」
 なんか、前のアスランみたいですね。
 軍の命令に従って戦えば、戦争が終ると思ってた。
 それなら、たとえ親友でも、キラと戦わなければならない。
 
 そしてこの後レイが優しい表情を向けるのですけど。
 なんかもう、レイが議長に変わってシンを上手くいいように操ってるような気が・・・。
 シンが帰ってきた後もシンに自分は見方だと思わせるようにねぎらいの言葉をかけてるし。
 まぁこれは次週あきらかになるんですけどね。

 そうそう、アスランはレジェンドではなくグフで脱走の模様。
 私以前に書いたんです。ストライクフリーダムはラクスがかっさらっていくんじゃないかと。
 これはインフィニットもラクスが持ってくる可能性、高い気がするのですけど。 

 さて、自分の意見はこうだ!!と言う方、どうぞコメント下さい。
posted by 藍色 at 21:46| Comment(4) | TrackBack(0) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

六月十八日放送デスティニー感想 その二

 はい、CMあけのBパート行きま〜す。

 目を覚ますキラ。
 食事を運んできたカガリとミリィ。なんでカメラ持ってるんですか。
 「でもフリーダムを・・・」ラクスからもらった時の映像が。
 え、「ラクスにもらったものなのに・・・」とか続いてたら殺してましたよ(ニッコリ)
 隣ではネオが食事中。
 つか、なんでまた捕虜と同じ部屋に寝かせるのかしら。(その方が話の流れ上都合がいいから)
 「インパルスにやられたって?ざまみろ」やっぱそう思うよねぇ。
 「どんどん腕を上げてる」かつてのキラみたいにですか。
 
 部屋に来たマリューさんに、ムウはあんたにとってどんな奴かと尋ねるネオ。
 「戦友よ。かけがえのない・・・」って、そんな顔してたらどんな存在かなんて分かっちゃいますよ。
 あ、そうやって思い出させようとしてる!?
 
 議長は地球へ降りる模様。
 しかし、議長の周りにいる他の議員の人たちって、いつも女の人ばかりな気が・・・。モテるんだなぁ。
 「しかし、すごいものだね、人々の力は。恐ろしくもあるよ。こちらが手をつかねているうちに、こんな事になってしまうとは」
 どーせあんたがそうなるように仕向けたんだろうがよ。
 AAとフリーダムの報告を受ける。
 「これでチェックメイトか。いや、白のクイーンは強敵だ」
 ラクスがクイーンなら、キラはキングよりナイトって感じですね。そしてドムはクライン派の戦力になる模様。
 
 ジブラルタルに入るミネルバ。
 喜ぶアーサーですが、タリアさんは厳しい表情。
 ここでのタリアさんのセリフからは、補足で。
 ミーアとシン、アスランを待つ議長。なんか恐いっす。その時のレイも。
 議長と会う二人。喜ぶシンとは対照的に、手を差し伸べられても疑いの表情のアスラン。
 それより、お前はミーアとのことをはっきりさせろって!!素直に答えちゃってさ!!
 議長からデスティニー、レジェンドを与えられる二人。
 つか、レジェンドー!?なんでレジェンドー!?
 インフィニットじゃないのー!?えー!!アスランのイメージに合わないぃぃ〜!!
 ・・・なんて叫びましたが、フフフ、考えが思い浮かびました。これは補足で。
 議長に詰め寄るアスラン。恐いっすよー。
 そんなアスランとは反対に、めっちゃ目を輝かせて喜ぶシン。エサもらってしっぽふってる子犬みたいな目してますよ。

 デスティニーとスーパーフリーダムのガンプラのCM、いい感じですよねv
 保志さんと鈴村さんがv
 個人的には、赤い翼より青い翼のほうが好きです。形もフリーダムの方がいいし。

 次回「アスラン脱走」
 やっとかよー。遅いってー。
 以前、ちょっとネタばれを書いたとき、「メイリンの大胆(黒ハート)な協力で・・・」って、どんな大胆だよ、とか思ったのですが、あんな程度ですか・・・。でも服脱いで、何するつもりでしょう。
 そしてアスランが手を差し伸べた先には誰が・・・!?メイリンか!?

 
posted by 藍色 at 22:05| Comment(4) | TrackBack(13) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

六月十八日放送デスティニー感想 その一

 さて、今日のデスティニーについて、感想もとい突っ込み行きまーす。長くなりそうなので、CM前と後に分けます。
 なんか考えがあるところは、明日あたりに書く補足の部分で。今回は難しく考えずに、さくっといきまーす。

 アバンは前回のキラVSシンの映像から。
 そして、海の中の贈贈。どうやら第一エンジンをやられた模様。
 「切り離して。撃沈したと思わせるのよ」なるほど、そういう事も出来なくはないね。まぁ気休め程度だから、すぐバレるけど。
 両腕を失って上半身だけのフリーダム。キラはエマージェンシーを押しつつ、気絶?
 カガリが泣きながらキラを救出。

 戻ってきたシンに、エンジニアのみなさんは拍手でお出迎え。
 「すごかった」と話すルナマリアに、ちょっと得意げに「そう?」
 コレに疑問を持つルナマリア。さーて彼女はどうするのか?
 一方、レイとはかなり親しげに握手。二人の距離は急接近(笑)
 誰かが勲章ものだ、と言ってましたが、まぁ確かにもらえるでしょう。
 そんなシンを遠くから見やるアスラン。アスランだって、キラを倒したとして勲章もらったしね。
 
 「仇はとりましたよ。あなたのもね」
 もはや調子こいてるどころじゃありません。
 所で、レイはなぜここでクルーゼのことを思い出すのか・・・?しかも映像がキラに殺られる時。
 ま、ここは明日の補足で。
 そんなシンに掴みかかるアスラン!!
 ここでのシンとアスランの会話は、明日の補足で。
 アスラン、シンを殴る!!
 そこへレイが仲裁へ。
 「我々は、ザフトですから」そこで思い浮かぶ、かつてラクスと対峙したとき・・・。
 「キラは・・・っ、贈贈も・・・っ、敵ではないんだ!!」
 「はぁ?」
 いいですねー。意外っていうか、あきれてる感がすごく出てますよ、さすが鈴村さん。
 「あなたの言っていることは、個人的な感情だ。・・・正直困ります」
 あ〜、ついにレイにまであきれられたアスラン。もはやミネルバに居場所はないよ。
 シンを引っぱっていくレイ。
 もはやレイがシンのお母さんみたいだよ。

 ザフト軍事プラント。
 おおっと、ここでイザーク&ディアッカ登場!!
 久々やー。セリフも久々やー。

 地球では。
 ロゴスの家とか、施設を民間人が襲い始めていました。
 ジブリールも悔しそうにどこかへ・・・。

 CMでキラがナレーションしてた、PS2専用ソフト「機動戦士ガンダムSEEDデスティニー ジェネレーションCE」
 なんか映像を見る限りでは、なんだろ・・・。要はMSを操っていくゲームですかね?
 時々キャラの映像が入ってたりして。やってみたいなー。

 その二へ続く〜。
 
posted by 藍色 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(7) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

久々に声優ネタ No.4

 声優さんについて語りたいと思います。

 前回は石田さん、山口さん、置鮎さんと書きましたが・・・。
 え〜と、好きな声優さんは上げればキリがないのですけど・・・。
 では女性でいきましょうか。
 
 私は女性の場合でも、「かわいい」というよりは「かっこいい」に惚れてしまうのですが・・・。
 一番初めに好きになったのは
 
甲斐田ゆきさん

 です。

 これはもういわずもがな。
 きっかけは「ハンター×ハンター」のクラピカです。
 初めて聞いた時は、「女の人なのに、なんてかっこいい声なんだろう!!」
 と思いました。
 それからはもう、アニメにクラピカが出るたびにキャーキャー。
 ラジオで甲斐田さんが出演するたびにキャーキャー。
 
 そんなハンターが終って、「テニプリ」のアニメ化が決まった時。
 「絶対不二は甲斐田さんがいい!!」
 と勝手に決め付けてたのですが。
 まさにそのとおり、不二が甲斐田さんだと知ったときの喜び様といったら、もう(笑)
 不二が甲斐田さん以外なんて、考えられませんでしたので。
  
 アニメ開始後、地方にいた私はテニプリが見れずやきもきしてたのですけど。
 何ヶ月かしてようやく見れることが出来ました。
 「不二ーっ!!不二が喋ってるうぅぅー!!甲斐田さ〜んvv」
 ・・・最高でした(笑)
 期待してた、「ツバメ返し」のシーンとか!!「断ち切る!!」とか!!
 タカさんが不二をかばって怪我したときの、「僕をかばったんだね」とか!!
 リョーマとの雨の中での試合での「僕に勝つには、まだ早いよ」とか!!
 
 まだまだ不二の名セリフはたくさんあるんですけど、引越し先では見れないので、氷帝との試合以来見てません・・・。
 もちろんキャラソンも聴きましたよ!!
 「瞳を閉じて心のまま僕は君を想う」もぉタイトルからしてやばかった・・・(笑)
 そしてソロアルバム「eyes」
 リョーマと観月(石田さん 笑)を意識した曲「My time」甲斐田さん作詞で。「知らないって恐いよね」・・・かなり笑いました。
 リョーマとの雨の中での試合を意識した曲「Black Rain」セリフが入ってて最高v(笑)
 でも一番のお気に入りは、ミュージカルで不二を演じたkimeruが作詞した「feel my soul〜闘いの中で〜」
 爽やかでいい感じですよね〜v不二の歌の中でも一番好きですv
 ただ・・・サビの歌詞が、微妙に・・・あっち方面にとらえてもいい感じですよね・・・(笑)

 あとは・・・「ふたつのスピカ」でのシュウ!!
 何話目かで、あすみと夜にたまたま会った時に、
 「カモメちゃん、デートしよ」
 って言うんですが、その「デートしよ」の言い方が!!
 とろけそうでした・・・vv
 クラッとこないあすみの神経を疑いましたよ・・・(笑)

 また不二みたいなハマリ役、やってくれないかな〜v
 これからもずっと大好きですv
posted by 藍色 at 20:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 声優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

思えば。

 ふと思いました。
 なんで自分はこんなにデスティニー(とSEED)にハマッたのだろう。
 ・・・と。

 ちょっと自分を考察したいと思います。
 (なんてかっこよく書きましたが、デスティニーネタがないだけ・・・。私は武器とかMSについて詳しく語れないので・・・)

 えー、まずは「SEED」の時について。
 私はアニメディアを買っていまして、SEED放送開始が決定した時は、そりゃもうアニメディアではトップに記事がありました、と思います。
 なんでこんな中途半端なのかというと、ぶっちゃけ初めてアニメ化の記事が載ったときは、まったくもって興味がなかったからです。
 その当時、私はデジモンとかテニプリとかにばかり興味がありましたので・・・。
 確かキラとアスランとストライクが載ってたんですが・・・。
 「なんじゃこりゃ」と軽くスルー。
 しばらくしてからあの「ガンダム」をやるのだと知り。
 私が知ってたガンダムと言えば、SEED前では一番新しかった「∀ガンダム」で朴さんがやってたなぁとか(話は知らないのですが)、それこそファーストのアムロとかシャアとかぐらいで。
 
 でもアニメを見るときの私の中での「新しく始まるアニメは、とりあえず一話は見る」にのっとり、一話を見ました。
 ま、SEEDに限って言えば、出演声優がかなり豪華だったのもあるんですけど。
 「なんだこりゃ、おもしろいぃ!!
 ・・・などとは欠片も思わず。
 「・・・訳わからん」
 というのが本音でした。

 キラとアスランは友達だったけど、別れちゃって、コーディネーターとかナチュラルとかで問題があって、キラは成り行きで地球軍側になってアスランとは敵になって・・・。
 ・・・とか、一応前知識は持って見たんですけど、さっぱりでした。
 ただ一話を見て思ったのは、「保志さんの声は久々だなぁv石田さんもだけどぉv」
 とか、そんなミーハーな見方をしてました。

 その後も話はよく分かってないまま、出演声優が目的だけで見てました。
 アニメディアではアニメアイのイラスト投稿が、今まではテニプリの天下だったんですけど、ドンとSEEDの投稿が増えだし、テニプリを凌ぐ勢いでした。
 ついにはSEEDの特集ページが毎月連載で出たりして。
 このように世の中の腐女子たちではSEEDフィーバーが続いていても、私にその波の影響は全くありませんでした。

 で、途中で見るのをサボってた時期があったりして。
 そんな感じで、あまりSEEDに思い入れはありませんでした。
 でも、もうすぐ終るという八月あたり。
 急に火が点きました。
 ほんと、なんでだか分からないんですけど、急に「コレはおもしろい!!」とか思い出してきて。
 気付くのおせーよ、とか突っ込みなし〜(笑)

 次にやるのは「鋼」と発表があったときも、「やだ〜。鋼も見たいけどSEED終るのやだ〜」と思ってたりして。
 最終回はもぉ泣きました・・・。
 「あ〜終っちゃった・・・。次は鋼かぁ・・・。見たいけどSEED終ったのは嫌だなぁ・・・」
 と脱力感に襲われました。

 で、もちろん鋼をやってるときは鋼にどっぷりハマリ(笑)
 そんな鋼が終るのをやだなぁと思ってたときに「デスティニー」放送決定の知らせが!!
 もぉめちゃくちゃ喜びましたよ。
 なぜならSEEDのキャラが出る、というから。
 しかも最初はキラとアスラン、どっちかって言えばキラ派だったんですけど、最後はアスラン派になった私にとって、アスランが結構出ると聞いたときの嬉しさと言ったらもう!!
 や、もちろん新キャラのシンとかも好きですよ?鈴村さんだし

 ・・・とまぁこんな訳で、私はこの「SEEDシリーズ」にハマッた訳です。
 私はあまり深く考えずに見てますので、「駄作だ」とか言ってる人がたくさんいるようですけど、私はそれなりにおもしろいと思います。まぁ「おかしいだろ」とか思ったりはしますけどね。

posted by 藍色 at 21:27| Comment(5) | TrackBack(0) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

デスティニーあれこれ

 今月のアニメディアに、デスティニーのストーリーダイジェストとして特集ページがあるんです。
 
 その中に、私が常々疑問に思っていた「タンホイザー」と「ローエングリン」の違いについて解説していました。なのでご紹介。アニメディアからの引用という感じですがね。・・・大丈夫かな・・・。

 まー、簡単に違いを言えば。
 
ザフトと地球軍の呼び方の違い

 ・・・だそうです。

 タンホイザーはザフトの呼び方。  
 ローエングリンは地球軍の呼び方。 
 だそうで。

 この二つは陽電子砲で、電子の反粒子である陽電子を打ち出すビーム砲で。
 電子と陽電子が衝突すると対消滅が起こる原理、というのがあるらしく。
 それを利用し、陽電子砲が命中すると、目標の物体を構成している原子の中の電子が対消滅して原子を破壊。
 対消滅時には殺傷力があるγ(ガンマ)線が放出させるので、多用するのは危険らしい。
 ちなみにザフトと地球軍の威力に差はあまりないらしいです。

 ミネルバは一門装備ですが、AAは二門装備です。 

 ・・・なんて書いてみましたが、どういう意味なのかさっぱり。
 陽電子は電子の反粒子、とか、電子と衝突すると対消滅が起こる、とか。
 電子の反粒子ってどういうことじゃい!!対消滅ってなんじゃい!!
 γ線はなぜ殺傷力があるんだい!!
 私は化け学と科の学とは三年以上前におさらばしたから全然わからんわ!!
 
 ・・・どなたか詳しい方、無知な私に教えてください・・・。
 
posted by 藍色 at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

本日の藍色的デスティニー論 再放送版

 最近、ココ重くないですか?一昨日から、ブログの再構築してもずーっと動かなくて、再構築完了しなくて。もぉキレて再構築完了しないままにしたら、次の日見るとちゃんとなってるんですよ・・・。訳わかんない。私だけなのかな?そうじゃなかったら、またメンテして欲しい・・・。

 なんてグチから始まってしまってすいません。
 昨日のデスティニー再放送の感想、行きます!!(シン)

 第11話「選びし道」

 アバンは荒れるジブリールから。始まりっから目障りなものを・・・。
 ネオにステラ達三人が映ってるのですが、あああぁぁ・・・。今となっては懐かしい・・・。
 
 プラント最高評議会は、「積極的自衛権の行使」を決定。
 このときはまぁまだ疑ってなかったですよ。まだね。

 そんなプラントの発表に大騒ぎの地球各国。
 オーブでは、大西洋連邦との条約締結にカガリが猛反対。
 「そもそも今、世界の安全を脅かしているのは当の大西洋連邦ではないか!!」
 んー・・・。まぁ・・・、それも言えますがねぇ・・・。
 「自国さえ平和で安全なら、それでよい。被災した他の国々に手すら差し伸べないと。代表はそう仰るのですか」
 これも言えるんですよ。言葉どおりなら、オーブは中立なのではない、ただ自分たちが安全ならいいと言うだけの自己中心的な国ってことになっちゃいますからね。そうなったら、言ってましたが、また前大戦のオーブのようになってしまうかもしれませんからね・・・。
 政治って難しいや。

 しかし、会議の時のユウナって、マトモですよね・・・。前に軍艦に総司令官として乗ってたときとは大違い。
 ・・・ハッ、もしや父親の入れ知恵か!?

 その頃アスランは。
 イザークとディアッカと再会。
 しかし、通常放送時はビビッただろうなー。ファンの人。
 いきなりだもんな。
 ディアッカの「おひさし」って!!いやぁん笹沼さんてば、相変わらずのエロ声v(笑)
 「なんでお前の護衛なんか・・・」イザークってば、嬉しいくせにぃv
 「これで買い物とか言ったら、俺は許さんからな」
 アスランが買い物なんかで外出願い出すわけないじゃん・・・。

 二コル達に花を添えて、礼をとる三人・・・。
 「戻って来い、アスラン。事情は色々あるだろうが、俺がなんとかしてやる」
 ・・・俺が?
 どうしちゃったのイザーク・・・。
 「本当なら、俺もこいつもとっくに死んだ身のはずだ」
 そっか、そうだよね・・・。未成年だし、戦ってた時はともかく、終れば犯罪だと扱われちゃうもんね・・・。子供って本当に大人の都合で動かされますよね、こういう時は・・・。

 オーブから出航を決めたミネルバ。
 カガリが挨拶に向かいますが、天敵、シンと遭遇。
 「だったら俺が滅ぼしてやる、こんな国!!」
 んー・・・。やっぱシンはオーブが好きだったんじゃあ、なんて思ったり・・・。
 きっと心のどこかでは、オーブが地球側にならないことを願ってたのでは・・・。

 傷心のカガリに、ユウナが。
 しかしまー、なんでまたこの二人は婚約者?みたいになってたのかな・・・。どういう経緯でなったんでしょうね。
 アスランも、さっさと奪っちゃえばいいのに・・・。
 そんな彼は、再び議長と面会を・・・。

 次回予告でトダカさんが映ってました・・・。あぁトダカさん!!

posted by 藍色 at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。