2005年06月03日

本日の藍色的SEED論

 はい、続きです。31話「慟哭の空」と32話「約束の地に」

 「慟哭の空」

 キラとトールを失った(前者はそう思ってる)AAは、意気消沈。
 交信を続けようとするミリィを止めるナタルさん。
 「あきらめろ。割り切らなければ、次に死ぬのはお前だぞ」
 うーん・・・。分かるんだけどねぇ・・・。まだ無理っすよ・・・。
 対立するマリュ―とナタル。
 「この空域からの離脱を優先する」
 のこのセリフ、マリュ―さんの辛さが伝わってきます・・・。

 一方、アスランとディアッカのいないザフト側。
 二人を心配するイザ―ク。うう・・・。

 オーブは人命救助として行動開始。
 アスランを見つけるカガリ。
 目を覚ましたアスランとカガリの激しい口論。
 アスランの自虐的な言い方がなんとも・・・。
 カガリに胸元をつかまれて、涙を流すアスラン。
 ふ、不謹慎ですが、色っぽいです・・・。
 にしても、カガリってなんでキラをそんなに気にかけるんでしょう・・・。お姉ちゃんだからかな。
  「殺したから殺して、殺されたから殺して、それで本当に平和になるのかよっ!!??」
 今後のアスランを左右するカガリのこの言葉。

 AAはもうやる気なし、状態。
 ムウは二人を助けようとしますが、マリュ―さんに反対される。
 「あなたまで失ったら、私はっ・・・!!」
 ここ、ポロッと本音、出ましたよね。

 帰り際、カガリからハウメアの守り石を渡されるアスラン。
 今もアレ、つけてるのかな・・・。
 そしてプラントではキラが目を覚ます!!

 
 「約束の地に」

 クタクタでアラスカへ入るAA。
 だが降ろしてくれない地球軍に不安が漂う。
 会議中の地球軍幹部のパソコンには、新型ガンダム三機が!!

 アスランを見舞うクルーゼ。
 「それほど手強かったということだな、君の友人も」
 って、ひでぇな、クルーゼ。
 ピアノの前で、二コルの写真の前で、泣き沈む二コルのお母さん・・・。

 キラが目を覚ましたクライン邸。
 しかし、よく生きてたなー、キラ。フツーあれで生きてるかっての。
 「あなたはアスランを殺そうとしたのですね。そして彼も、あなたを殺そうとした」
 そりゃーもう、凄かったですよ、ラクス様、めちゃくちゃで。
 
 ザラを新議長に迎えた議会。
 しかし、ザラVSクライン、と揉める。
 ですがねー。なんでまたザラを議長にしたのかなぁ。圧力でかな?

 AAでは。
 ナタルさんのシャワーシーン!!・・・でも別にいらないよね。
 ミリィを連れ出してるサイへ話し掛けるフレイ。
 トリィがサイの肩に乗る。
 そこで振り返るのがキラとかぶるけど、
 キラめっちゃかわいー!!!
 ミリィとディアッカ、出会ってしまいました・・・。
 フレイと話すサイ。
 しかしまー。フレイもわがままですよね。今更サイに上手く取り入ろうだなんて。サイの気持ちも分かれっての。

 トールについて触れられたミリィがキレてディアッカに襲い掛かる!!
 サイに止められるが、今度はフレイが!!
 それを止めるミリィ!!
 しかし、なんで止めたんだろう、ミリアリア・・・。

 この続きを見れるのはいつだろう・・・。

posted by 藍色 at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の藍色的SEED論

 最後にSEED論を書いたのはいつだろうと確認したら、五月三日でした・・・。
 ・・・一ヶ月ぶり!!??
 うわー・・・。間が空いてしまってすいません・・・。

 では。29話「さだめの楔」から32話「約束の地に」までです。
 長くなるので、二つに分けて、ここでは二話分書きます。

 「さだめの楔」

 トールがスカイグラスパーのシュミレーションをしてます。
 キサカさんが艦長たちに報告。
 いや、キサカさんはいい人ですねぇ。デスティニ―では出ないのでしょうか。
 オープニングでは、問題のカガリとアスランの後ろにさりげなく立ってるんですけどね・・・。

 アスランが自信満々にアークエンジェルはオーブにいると断言。
 そらそーだ、なんせキラと話したんだから。
 それにしても、あそこでキラと会ったのは、果たしてよかったことなんでしょうか・・・。
 ディアッカ、君の手にあるのはエロ本ですか?つか、なんでそんなもん持ってんの。

 オーブのお姫様が支度中。
 まーた色気ないの着てるよ・・・。
 AAと一緒に行くというカガリを説得するウズミ様。

 AA出航。
 両親とガラス越しに再会するキラ。
 そんなキラに抱きつくカガリ。
 親たちはめっちゃ驚いてます。そりゃそうか、バレるのはダメだし、ましてや恋人関係になったらもっと大変だもんね。
 でも放送当時は、これを見てキラはカガリとくっつくと思った人もいるのでは?

 AA対ザラ隊。
 トールも出撃。トールを心配するミリィが・・・。うう・・・。
 つーかディアッカ弱えぇ。イザ―クもだけど。なんであんなすぐ落とされるのかな・・・。
 ストライク、スカイグラスパー フラガ機のアシストで空中換装。
 まるでインパルスだな・・・。

 キラVSアスラン。
 「撃てばいいだろう!!お前も俺を撃つと言った!!」
 あーもうほんと・・・。悲しいですね・・・。これもまた運命なのか・・・。
 「危ないアスラン!!」
 二ーコールゥー!!!!!
 やっちまったキラー!!

 ・・・というか、ちょっと思ったんですけど、ミラージュコロイド、もっとギリギリまでしてればよかったのでは・・・。


 30話「閃光の刻」

 砕け散ったままの二コルの機体・・・。
 ブリッツをやったことを誉められるキラ・・・。
 キラってとことん軍人に向いてないよな・・・。

 二コルを失ったザラ隊。
 意外にも荒れるイザ―ク。アスランは冷静に着替え中。
 二コルのロッカーを殴る蹴るのイザ―ク。そんなイザークに、アスランも我慢できず突っかかる。
 「俺を助けようとして、あいつは死んだ!!」
 あっ、イザ―クの、な、涙・・・!!
 何だかんだ言ってても、やっぱり仲間ですね・・・。
 二コルの軍服を取り出すと、楽譜が落ちてくる。
 あれって、きちんと書かれてるんですよね。実は。
 軍服を抱いて泣くアスラン・・・。
 なんかもう、声が石田さんだとかそんなの抜きにして泣けます・・・。消えるような声で「二コルゥ・・・」とか・・・。
 そして今までキラを撃たなかった自分の甘さを責めるアスラン。
 「ストライク、撃たねば次に撃たれるのは君かもしれんぞ」
 そして黒ザラ登場・・・。

 歓談中のアークエンジェルクルー。
 サイがメガネ取ってる!!メガネとると結構いい顔してるぅv

 「僕は君の敵・・・?・・・そうだね、アスラン・・・」

 ザラ隊、AA捕捉。
 めっちゃまとまってるザラ隊。
 出撃するキラへ話し掛けるフレイ。キラってば、優しいんだから・・・。
 ザラ隊攻撃開始。はりきりまくってます。なんかディアッカが本領発揮、みたいな。
 そんなザラ隊の攻撃にピンチのAAからトールが出撃。
 イザ―クがキラにやられる。いつもイザ―クってやられてるよな・・・。

 キラVSアスランの一騎打ち!!
 ディアッカは投降!! というか、投降するくらいなら自爆しろって。そう教えられるものじゃないのかな・・・。
 激しいストライクとイージスの戦いに、トールが援護!!
 そこへイージスが・・・!!
 トール爆散!!
 はじけるキラ!!はじけるアスラン!!
 もはや訳がわからないほどの激しい戦闘!!
 飛びつくイージス!!だがすでにパワーが・・・!!
 もしこれでアスランが撃ってたら、アスランの勝ちだったなぁ・・・。
 そして・・・自爆!!

 何気にマルキオさんが映ってました・・・。彼はどうやってキラをプラントへ連れて行ったのでしょうか・・・。

 続く!!(笑)
posted by 藍色 at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。