2005年06月14日

本日の藍色的デスティニー論 再放送版

 最近、ココ重くないですか?一昨日から、ブログの再構築してもずーっと動かなくて、再構築完了しなくて。もぉキレて再構築完了しないままにしたら、次の日見るとちゃんとなってるんですよ・・・。訳わかんない。私だけなのかな?そうじゃなかったら、またメンテして欲しい・・・。

 なんてグチから始まってしまってすいません。
 昨日のデスティニー再放送の感想、行きます!!(シン)

 第11話「選びし道」

 アバンは荒れるジブリールから。始まりっから目障りなものを・・・。
 ネオにステラ達三人が映ってるのですが、あああぁぁ・・・。今となっては懐かしい・・・。
 
 プラント最高評議会は、「積極的自衛権の行使」を決定。
 このときはまぁまだ疑ってなかったですよ。まだね。

 そんなプラントの発表に大騒ぎの地球各国。
 オーブでは、大西洋連邦との条約締結にカガリが猛反対。
 「そもそも今、世界の安全を脅かしているのは当の大西洋連邦ではないか!!」
 んー・・・。まぁ・・・、それも言えますがねぇ・・・。
 「自国さえ平和で安全なら、それでよい。被災した他の国々に手すら差し伸べないと。代表はそう仰るのですか」
 これも言えるんですよ。言葉どおりなら、オーブは中立なのではない、ただ自分たちが安全ならいいと言うだけの自己中心的な国ってことになっちゃいますからね。そうなったら、言ってましたが、また前大戦のオーブのようになってしまうかもしれませんからね・・・。
 政治って難しいや。

 しかし、会議の時のユウナって、マトモですよね・・・。前に軍艦に総司令官として乗ってたときとは大違い。
 ・・・ハッ、もしや父親の入れ知恵か!?

 その頃アスランは。
 イザークとディアッカと再会。
 しかし、通常放送時はビビッただろうなー。ファンの人。
 いきなりだもんな。
 ディアッカの「おひさし」って!!いやぁん笹沼さんてば、相変わらずのエロ声v(笑)
 「なんでお前の護衛なんか・・・」イザークってば、嬉しいくせにぃv
 「これで買い物とか言ったら、俺は許さんからな」
 アスランが買い物なんかで外出願い出すわけないじゃん・・・。

 二コル達に花を添えて、礼をとる三人・・・。
 「戻って来い、アスラン。事情は色々あるだろうが、俺がなんとかしてやる」
 ・・・俺が?
 どうしちゃったのイザーク・・・。
 「本当なら、俺もこいつもとっくに死んだ身のはずだ」
 そっか、そうだよね・・・。未成年だし、戦ってた時はともかく、終れば犯罪だと扱われちゃうもんね・・・。子供って本当に大人の都合で動かされますよね、こういう時は・・・。

 オーブから出航を決めたミネルバ。
 カガリが挨拶に向かいますが、天敵、シンと遭遇。
 「だったら俺が滅ぼしてやる、こんな国!!」
 んー・・・。やっぱシンはオーブが好きだったんじゃあ、なんて思ったり・・・。
 きっと心のどこかでは、オーブが地球側にならないことを願ってたのでは・・・。

 傷心のカガリに、ユウナが。
 しかしまー、なんでまたこの二人は婚約者?みたいになってたのかな・・・。どういう経緯でなったんでしょうね。
 アスランも、さっさと奪っちゃえばいいのに・・・。
 そんな彼は、再び議長と面会を・・・。

 次回予告でトダカさんが映ってました・・・。あぁトダカさん!!

posted by 藍色 at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。