2005年06月26日

今日のエウレカ感想は

 別館である「アニ趣味!」で書いてます。どうぞそちらをご覧下さい。
 なんかリンクが二つありますが、どちらも同じ記事書いてますので、どちらでも。

 右のお気に入りリンクから。よろしくお願いします。
posted by 藍色 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デスティニー 36話「アスラン脱走」補足

 ふぅ、トラックバックしてもらったブログさんにトラックバック返しをするって結構時間がかかるんですよね。何しろただトラックバックするだけじゃなくて、そこの記事も読ませてもらうし。

 そうやって、私はこの補足を書いてます。

 では、補足いきま〜す。

 議長VSアスラン
 「ならばなぜ、私たちのところへ来なかった?」
 「そりゃーラクスが暗殺されかけたから、キラはあんたのことが信じられないんだよ!!」
 ・・・なんてことは、もちろんアスランには言えません。
 でもそこでミーアのことをバラさなかったですねぇ。
 これは何ででしょう、ミーアの身の危険を恐れてですかね。フェミニストやな〜。
 
 ロゴスを撃つ事。
 「彼らは言葉を聞かない」
 って、あんたはロゴスに対話の呼びかけをしたのか?
 そういう努力をしてからだったら分からなくもないけど、してないんだったらそんなこと言うな。
 「本当にこれでロゴスを滅ぼす事が出来るのから・・・」
 タリアさんも疑い始めてます。

 キラ・ヤマトのこと。
 「彼は不幸だったと、気の毒だと思っているよ」
 でもさぁ、だからってキラも本来はきちんとして戦うべきだった、というのはおかしいですよ。
 戦いたいとか、戦いたくないとか、それって個人の意思でしょう?
 アスランだって、戦争なんて嫌だと思ってたけど、それしかないと自分は思ったから戦いに身を投じた訳で。
 「ザフト軍最高責任者として、私はあんなわけのわからない強大な力を、ただ野放しにしておくことはできない。だから撃てと命じた」
 「強すぎる力は争いを呼ぶ、と言ったのは、当のオーブの姫だ」
 
 訳の分からないものは恐いですよ、確かに。
 でも、なんで、「だから撃たなければいけない」んですか?
 別に撃たなくても、せめて話してみてからでもよかったのでは?
 まぁキラがそれに応じるとは思えないけど、でも声ぐらいかけてみればよかったのでは?
 野放しにしたくないなら、その巧みな話術で自分たちの中に引き込める事も出来たかもしれないのに。その方が色々と都合がよかったかもしれないし。
 いきなり撃て、ってのはおかしいですよ。

 長くなりそうなので、「続き」から続きを見て下さい。

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。

 続き
posted by 藍色 at 22:03| Comment(4) | TrackBack(1) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。