2005年08月22日

本日の藍色的デスティニー論

 さっき、キッズステーションでデスティニーの再放送をやってました。
 今日のはステラとシンの海で出会う話がメインのやつですが、冒頭はアスランがミーアの部屋侵入に驚くやつです(笑)
 やーいやーい、へタレ〜!!・・・いえ、アスラン大好きですよ?

 さて、今日のデスティニー論は、こないだ書いたSUIT CDのアウル×スティングの感想?を書いたとき、草野かをるさんのコメントに、「ファントムペインの三人は、あらかじめ『死ぬ』ということが前提だった」というものがありました(なんかどこか違うかもしれませんが)

 ちょっと、これについて書きたいと思います。

 この三人は、確かに「死ぬ」ということがどことなく出されていましたよね。
 SUIT CDの中でも、アウルがバスケをしてるとき、「戦争が終ったらバスケで食っていけるんじゃないか」みたいなことを言うんです。
 すると、スティングは咎めるように言うのですよ。まるで「戦争が終ったら、なんてのは俺たちにはない」みたいな感じで。
 アウルは「マジになんなって」とふざけて言うのですが、私はすごくズシンと感じました。

 草野さんは、あらかじめ死んだり結ばれたりするのはどうでしょう、とおっしゃってたのですけど(少し違うかもしれません。そうだったらすいません、草野さん)、私としてはそういうのもある時はアリ、じゃないかな、なんて思います。

 コメントのお返事から引用すると。
 この三人が「死ぬ」ことが分かっているからこそ、話にメリハリを生ませているのではないかなぁ、と。
 いえ、三人に死んで欲しいとは思っていませんでしたよ。
 ただ、「この人は話の中で死ぬんだろうな」という存在が一つ(今回は一つどころじゃなかったですけど)あるだけでも、その人に対する見方も変わるし、話の流れも色々と考えさせられるのではないでしょうか。これは、話の展開が分かる、とは別として。
 草野さんは「この人が死ぬの!?」というものがあるからシナリオが生きる、ともおっしゃってました。
 確かにそういう驚きは大切ですし、予定されている死ってのはつまんないものかもしれませんが、私としては行く先が分かる人という存在があってもいいんじゃないか、と思います。

 だけど、これにはそうなる「伏線」というものがなければ、つまらないものに変化しますけどね。
 その辺がしっかりしているからこそ、その行く先が分かる人が生きてくると思うのです。
 
 ステラ達が出る、と知ったとき、「前作の連合三人のようにはなってほしくない」と思いました。
 でも、やはり出てくると、「やっぱり最後まで生きていないかも・・・」なんて思いました。
 じゃあこの三人が死ぬとすれば、それまでにどんな事をするんだろう、どういう生き方をするんだろう、そしてどのように死ぬんだろう、と思うようになりました。

 結果として、ステラは大好きなシンの腕の中で死ぬことになり、アウルは母を思い出しながらも散り、スティングは自分がやるべきことをしながら死んでいった。
 彼らは前作の連合三人とは違い、記憶を操作されるという生き方だったながらも、それぞれの想いの中で死んでいきました。
 なんかですね。な〜んかですけど、それはそれでよかったんじゃないかなぁ、なんて。

 結果が「死」というものは、やはり酷いものだけど。

 ・・・理屈が通ってないような・・・。
 ダメですね、やはり私がそんなことを語ろうと思っても、ダメですわ。
 うわ、批判きそう・・・。
 ごめんなさい(あらかじめ)

 なんか昨日の記事といい、最近暗かったり重い話ばっかり書いてるなぁ・・・。
 次回からは、もっと明るい★ことを書こうと思います♪(大丈夫か)

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。

posted by 藍色 at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。