2005年09月18日

デスティニー47話「新世界へ」補足

 SEEDの時のように、デスティニーもオープング、エンディングをまとめたコンプリートベストが出ますが、「Life goes on」が収録されないとの噂を聞きました。
 マジで!?あれ入れないなんておかしいよ!!デスティニーの曲の中でも結構好きなのに!!
 どうせコンプリートベスト出るだろうし、収録されるだろうからCDは借りなくていいな、とか思ってたのに!!(笑)
 だって、ベストのCMに、Life〜の映像流れないですよね?
 アマゾンで見たらOP、EDは全部入るみたいなこと書いてあったけど・・・。
 怖いなぁ。入るよね・・・。

 さて、補足ですね。

 セリフのなかで、「ん?」とか思ったことがありました。

 ラクスが「戦うしかない」と言いますが。
 まぁ確かに、夢や希望がなくなると、生きる意味とかがないみたいなものですよ。
 それが本当にそうだと感じるかは、人それぞれですが。
 んー。でも。
 原点に戻れば、キラやラクス(だけどここで強調したいのはキラ)がまた戦うことになったのは、コーディネーターがラクスの命を狙ったから、ですよね。
 それで議長の言ってる事も信用ならない、となって。
 この流れはまぁおかしくはないのですが、それで議長はあんなプランを考えている事がわかった、これはヤバイ、止めなくちゃ・戦わなくちゃ、っていう流れは、どーも微妙に「ん?」ってなってるんですよ、自分は。
 
 自論ですが。
 最初にも言いましたが、夢や希望がないと生きていくために戦う意味がなくなる、と感じるのは人それぞれです。
 別に無くても平気って考えてる人もいるかもしれません。
 それなのにプランを止めてしまったら、そういう人たちにとってはありがた迷惑じゃないかなぁなんて。
 自分や人生に絶望して、そういうプランにすがりたい人たちもいるだろうな、と考えないのでしょうか、彼らは。
 それとも、自分たちならそういう人たちもどうにかして前向きに生きていけるように出来る、と考えているのでしょうかね?
 なんか、ほんと頭ごなしに「ダメ」って否定しているだけな気がするんですよ、AAメンバーは。
 「そんな世界、絶対間違ってる」って信じて疑ってない感じがするんです。
 そんな一方的な考えってどうなんだろう、と思いました。
 いや、もしかしたら彼らも色々考えて、結果はやっぱりよくないよ、って思ったのかもしれません。
 でも、そういうのが感じられないんですよ・・・私は。
 制作側が、どうしてもAAは正義にしたいって言ってるような気もします・・・(笑)

 あと、議長が「プランは人類最後の防衛策だ」と言いますけど。
 ほんとにそれが最後の手段なのか?と思いました・・・。
 
 争いのない世界を作るためには、もはや遺伝子から運命を考えなければならない、と考えてるんですよね、議長は。
 絶対、誤差が生じると思うんですよね・・・プラン。
 じゃあどんなのがいいんだ、と言われると正直分からないのですけど、でもプランが最後の手段ではないと思う・・・。
 根拠や理論がなりたってない私の考えですが、なんとなく、言いたい事、伝わりましたかね?

 「バカじゃないの、そんなのこういうことだろ!!」とか「それってそうじゃなくて、こういう考えの方だよ」とか思いましたら、教えてください。
 なんか訳わかんないこと言っちゃいましたね・・・ごめんなさい。
 

 平井さんのSEEDの画集が出るそうです。
 正直、欲しいです・・・。

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。
posted by 藍色 at 22:34| Comment(4) | TrackBack(1) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。