2005年09月24日

九月二十四日放送 デスティニー感想

 最終回のラジ種デスは、キラ役・保志さんとアスラン役・石田さんがゲストの、新旧主人公勢ぞろいでお送りするようです。これは聴かなきゃ!!

 最初に言っときます。
 今日は長いです。や、いつもですけど〜。

 「レイ」

 アバンは発進準備のキラ・アスラン。
 メイリンがオペレーターしてますよ!!エターナルか〜。
 シンとレイは議長の所へ。何気にフェイスのおっさん出てますね。
 「ラクス、発進する!!いいね、アスラン!!」
 「ああ。行こう!!」
 やっべ、このアスランかっこよかったですよねー!!久々だよ、かっこいいアスランのセリフ聞いたの・・・v(笑)
 通信を開くラクス。そして呼びかける。
 「道を開けなさい!!」かっこいいですね〜。
 ミーティア装着。しかし、いつも思うのですが、ミーティアってはさむだけでいいんですかね?ただはさんでいるだけに見える・・・。

 そして初っ端から「ヴェスティージ」が!!
 呆然とするザフトMSらに、例のフェイスのおっさんが
 「自らの古巣と利権を頑なに守らんとする、やつらの残存勢力だぞ!!」と喝。
 前半はなんだか合ってる感じがするけど、別に彼らはロゴスじゃないんだけどね。
 戦闘開始。
 おっと字幕が出ました。そうです、来週はTBSの恒例のオールスター感謝祭のため、五時半からですね。みなさん間違えないように。
 しかし、使いまわし・・・。ミーティアのストフリ、OPのだし・・・。
 ミネルバにも応援しろ、と命令が。
 そしてイザーク!!何話ぶりだろう・・・v
 「あいつら〜!!」
 「でも連絡ないのは当たり前だぜ?俺たちはザフトなんだからな、やっぱ」
 え、連絡なかった事そんなに怒ってるの?イザーク達も向かう。

 議長に対面するシン、レイ。浮かない顔のシンに声をかける議長。
 戦闘ではジャスティス活躍してましたー。よかったー。
 そして「どうか終らせてくれ」と声を掛けるギチョ。
 なおも語りかけるラクス。「下がりなさい!!」
 レイは「デスティ二ープランは、絶対に実行されなければいけません」と後押し。
 「同じか」と聞かれ、戸惑うシン。そしてレイの言葉を思い出す・・・。
 「キラ・ヤマトという夢のたった一人を作る資金のために、俺たちは作られた」
 「ただ『出来る』という理由だけで」

 そう考えると、レイって哀しい存在ですよね・・・。
 しかし、その後のシンのあの演出は何なんですかね。
 「だからもう、全てを終らせて帰る」って、どこへ?
 「俺たちのような子供がもう生まれてこないように。だからその未来は、お前が守れ」
 いやあの、だからって何でシンが守らなきゃいけないのかなぁ・・・。
 そしてレイと同じだと伝えるシン。満足そうだな〜、議長・レイ・・・。

 「連合VSザフト」ちょっと欲しい。つか、なぜにナレーションがアズラエル!?

 激しい戦闘が続く。そしてネオもアカツキで出撃。ドム三人も出ました。
 イザークも到着。「俺が出る!!」とな。
 向かい合うタリア。
 同じ思いだけど、戦うしかない、「終らせるために」と決意するタリア・・・。彼女は本当にどうするんでしょうか・・・。裏切るってのはなさそうだけどな・・・。
 ここでまた字幕が!!も〜分かったって。
 イザークとディアッカ。
 「今俺が殴りたいのは、あいつだけだ!!よくもまたおめおめとあんな所に!!」要は一緒に戦いたいってことだよね。
 ルナマリアも発進。しかし、インパルスの換装シーンなんて今更やんなくてもいいと思うけどな・・・。これで二十秒くらい無駄にしてる気がする。
 
 エターナルを狙うインパルス・ルナマリアに気付くメイリン。
 「これでいいのよね、これでいいのよね・・・シン!!」撃とうとするルナマリア。
 「お姉ちゃん、やめて!!」メイリンが呼びかける。しかし、なんで通じるの?
 「何で戦うの!?何で戦うのよ!!どのラクス様が本物か、なんでわからないのよ!!」
 その言葉に躊躇するルナ。
 に気付いたドム三人。ジェットストリームアタックで攻撃。

 ミネルバ、タンホイザー起動。AAへ照準。
 避けようとするが、避けるとエターナルに当たる、とのことで避けきれず。
 「えっ、まじで!?」とか思ったのですが。
 ネオがー!!!
 正直ちょっとガッカリでしたね。またこの展開かよ、ってね。
 けど、違いましたね。
 これで思い出しましたね。ムウだということ。
 「マリュー!?俺は・・・」
 タンホイザーを撃つアカツキ。さすが、よく耐えたな。
 「大丈夫だ!!もう俺は、どこにも行かない。終らせて帰ろう、マリュー」
 「ムゥ・・・!!」 
 何気にアカツキすごいですね。ドラグーン?でAAを守ってるよ。こりゃカガリにはもったいないわ。

 アスランを助けるイザーク。ンフv
 ストフリとインジャスでステーション・ワンを破壊。こんな簡単に破壊できるのか・・・。
 シンとレイ。
 「心配しなくても、ルナマリアは無事だ。もっと信じてやれ。彼女は強い」
 え、あんなに邪見にしてきたのに、シンにはそんな声を掛けてやるの?
 「オーブはその力を世界中に見せつける気だ」
 いや、オーブは別に見せつけようとしてるわけじゃないと思うけど・・・。
 「お前が救ってやるんだ。あの国を。そういうことだろ」
 ついにはオーブまでも救えと言ってしまいました。シンやること多くて大変ネー。
 そのオーブはレクイエム本体を破壊できず!!

 メサイアも戦闘態勢に。
 ここでネオジェネシス登場。
 つか、ネオジェネシスー!?このネーミングセンスはどうにかした方がいいよ、ホント。
 これって、核で動くんですかね?だってNジャマーキャンセラー起動とか言ってませんでした?
 そして撃っちゃったー。あーあ。
 デスティニー・レジェンド発進。
 「さぁ、今度こそ消えていただこう。ラクス・クライン」
 シン・アスランとキラ・レイの戦い。
 「キラ・ヤマト・・・お前の存在だけは、許さない!!」最後だけクルーゼって感じしましたね。
 しかしキラは大変だー。姿は違うようだけど、中身は同じ人ともう一回戦わなきゃいけないからね。

 しかし、無理やり詰め込んだって感じですね。
 ネオがムゥだと思い出すシーン、同じような状況になると思い出しやすいと言いますが、わざわざそうやって思い出させるにしろ、もう少し早くにやっててもよかったのでは・・・。
 今日のでネオ=ムゥ、レイの本当の想い、アスランのインジャスの活躍、メイリンとルナの再会、ネオジェネシスの登場、イザークらの登場と、ギューギューに詰め込んでますな。
 まぁ、キラやアスランのMS戦闘シーンが多かったのはよしとする(特にアスラン)
 そうそう、エンディングのクレジット、一番最初は「キラ・ヤマト」でした。
 次がアスランで、三番目にシン。フゥ・・・。
 

 最終話「最後の力」 
  
 え、何が最後の力なんでしょう・・・。つーか。
 「明日を信じて、飛べ、フリーダム!!」
 フリーダムですか・・・フリーダムなんですか・・・最後くらい「デスティ二ー」でもいいんじゃ・・・。
 こんなんだったら、「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」でよかったんじゃあ・・・。
 そしてキラとシンは種割れするようですが、アスランは?ねぇアスランは!?

 携帯待ち受けは、二枚でした。
 一枚は、オープニングで背中合わせのシンとルナ。バックにはデスティニー。
 そしてもう一枚は、これまたオープニングの一番最後。キラが真ん中の、例のあの画です。

 そしてTBSでは深夜に再放送するようです。やはり続編か?これについては昨日の記事で。
 
 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。

 あ、来週は五時半からですよ。生で見る人も、ビデオ予約する人も、間違えないように気をつけましょうね。
 さぁ、どんな最後を迎えるのでしょうか。

posted by 藍色 at 22:35| Comment(6) | TrackBack(8) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。