2005年04月23日

    ツバサ・クロニクル感想

  はい。ツバサですが。コレ読んでコメントに藍色に向けて中傷書くの禁止。

 なんかもう・・・見るのやめようかなぁと思ってしまいました。
 専用の録画ビデオがあるのですが、もう取っておくために撮るのやめようかなと思いました。

 まずね。

 話の展開が原作どおりじゃないのはまあいいですよ。
 そりゃ納得いきませんが、そういうのは結構あるので。他のアニメでも。
 
 問題は画。
 なんなんですか、アレ。キャラに表情がない。まぁ黒鋼はちょっと別として。
 モコナが羽を感じた時について話している時、少狼の表情全然変わってなかった。
 頼むときと、ありがとうという時。
 声は変わってましたよ、当然ながら。
 しかし、画がそれについていかなきゃいくら声が変化をつけててもダメですよ。
 人間は大半視覚を頼りにしていますから。
 目を閉じれば、頼む時は真面目に、お礼を言うときは微笑んで、とか想像しますよね。
 あとその時、っていうか、全体的にファイの表情も。
 ずーっと笑ってる、というか。
 いくら彼は笑ってるキャラと言えども、そりゃ表情はありますよ。漫画だってそうだし。
 なのに、今回は変化が見られなかった。
 ほんとガッカリしました。

 あと、空ちゃんと黒鋼との掛け合い。
 あそこは漫画でもすごくギャグちっくにやってたし、そこがおもしろいところなのに。
 なんであんなにあっさりとしているのでしょうか。
 さらに、空ちゃんが阪神共和国について説明することろ。
 はしょられててかなりショックでした。功断の説明も。嵐さんの活躍場なのに。

 黒鋼の剣のデザインが変わってましたー。
 あれは本来「魔法騎士レイアース」の剣でしたよね。
 まぁ著作権とかあるのかもしれないので、どこまで文句言って良いのか分かりませんが、正直かっこわるーと思ってしまいました。

 なんで次回、さくらが起きてるんですか・・・!?
 これが最も許せないです。
 そりゃオリジナルの話入れるってのは知ってましたけど!!
 さくらが目覚める話は、すごく重要だと思うんです。
 少狼が命がけで取ってきたのに、さくらは自分を知らない。
 覚悟はしていたけど、それはやっぱり辛くて。
 このエピソードはいじっちゃいけないものだと思ってたのに。
 

 ホントにもう、今日のでかなりテンション下がりました。
 こんなんだったらアニメ化しないほうがよかったんじゃないか、と思うくらい。
 すごく期待してたので、かなり裏切られた気分です・・・。
posted by 藍色 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3119215

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。