2005年05月05日

ガンダムを作るということ

 うちは地方紙の河北新報を取ってるのですが、今日読んでたら、ガンダムの生みの親である富野由悠季さんの記事が載ってました。

 中身は今年公開される劇場版の「機動戦士Zガンダムー星を継ぐ者ー」についてのインタビューでした。もし見れる方がいましたら見てみてください。

 その中で、富野さんは子供たちには「見るな」と言いたいそうです。

 「見るな」という大人たちに、子供たち自身が反論し、議論を仕掛けてくるなど、「課題を持つことが大切」だからだという。(以上抜粋)

 ハァ・・・。なんか難しいですね・・・。何事にも課題を持って取り組むのはいい姿勢ですよね。

 また、中学時代までに自分が本当に好きなことを見つける努力をすべきだ、とも仰ってます。
 私自身は、将来やりたい仕事とか、こういう事をしてみたい、という考えはかなり前からありました。ですので、今はそれに向かって頑張ってます。

 アニメではかなり悲惨な最期を迎えたらしいカミーユですが
 いや、私はバリバリSEED世代ですので、Zはさっぱりなんです・・・すみません・・・。
 今回の映画では、アニメとは違う物の見方をするように描かれるそうです。
 物の見方を変えていくカミーユのような考えかたになるなら、別の人生を送れる可能性がある、というメッセージが込められているとか。
 
 アニメをきちんと見なかった人が見ても、受け入れやすいような感じですね。


posted by 藍色 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3455742

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。