2005年08月15日

本日の藍色的デスティニー論 再放送版

 は〜い。昨日の「デスティ二ー、真の主人公は誰だ!?+〜」には色々なコメントありがとうございました。
 結果は予想通り、ほぼ満場一致でデスティニーの真の主人公は「キラ・ヤマト」となりました。
 (シンファンの方、誤解なさらないよう。あくまでもここのブログでのみなさんの意見ですので)

 では、再放送版、行ってみましょうか。

 「ローエングリンを討て!!」

 アバンは前回と同じなのでカット。
 ラドル隊と一緒に、ミネルバは進行開始。

 ゲリラのコ二ールを迎えて、ミネルバでは作戦の説明を。
 シン:「子供じゃん」
 お前だって子供だろぉがぁ!!

 アスランの説明。
 アーサー・・・そこで関心するなよ。本来なら君の仕事では・・・?
 シンは「あんたがやればいいじゃないか」と反発。
 またもやアーサー!!せっかくシンを上手くのせようとしてるのに・・・!!気付けよ!!
 アスランはちょっといじわるして丸める。
 「ミス・コ二ール」
 あ〜もう。あんな小さい子に対しても、女の子なら「ミス」とか言っちゃう、そんなアスランが
 
大好きです。

 シンは反発。しかし上手くたきつけて納得させる。
 コ二ールから想いを聞かされるシン。やる気になったようで。
 あ〜もう。熱くなったコ二ールを肩を抱いて退出させる、そんなアスランが
 
大好きです。(ウザ)


 ルナマリアが「さすがですね」とアスランを褒める。ま〜、声掛けたかっただけなんだろうけど。
 「色々と下手なんだろ。俺もあんまりうまい方じゃないけどね。人付き合いとか」
 「・・・あたし、予防線張られた?」
 「・・・さぁ」
 アスランにその気はないでしょうけどね。でも、さりげなく張られてますね(笑)

 作戦開始。各MS発進準備。
 レイの発進準備って、初めて見た気がする・・・。
 シンは作戦どおりに坑道に入る。
 が、真っ暗でデータに頼るしかない。
 アスラン「データ通りに飛べばいい」
 「って、そんな問題じゃないだろ、コレはぁ!!!」
 「何がお前になら出来ると思っただ、あのやろ〜!!自分でやりたくなかっただけじゃないのかぁ!?」
 「やってやるさ、ちくしょー!!」
 聞こえてないのをいいことに、文句ばっか言ってます(笑)

 ミネルバは、以前オーブ沖で戦ったのと同じ装甲をしているゲルズゲー(しかし、すごい名前ですよね)にタンホイザーで対抗。
 当たって爆発、まるで原爆みたいだな。そういや今日は終戦記念日。
 
 その頃、インパルスはやっとゴール。即座に合体。
 フォースシルエットつけてないけど、いくらかは空を飛べるんですね。
 おおっと、アスランかっこいい!!ゲルズゲーをやっつけた!!この頃はまだ活躍してた・・・。
 ローエングリンが閉じられようとする。
 シンはダガーLを突っ込み、めった撃ち。
 ローエングリン、大破!!

 地球軍は撤退開始。
 人々は喜ぶ・・・が。
 地球軍の人を撃つシーンとか、映していいものでしょうか・・・。
 
 シンがめちゃくちゃ無邪気(笑)
 「どうしたんですか。どこかやられたんですか?あなたともあろう人が?」
 「あ、でもアレひどいですよ。マジ死ぬかと思いました!!」
 作戦前に反発してたのがウソみたいです(笑)
 そんなシンに対し、「褒めるなら今だ!!」と言わんばかりにアスランは褒めまくる褒めまくる(笑)
 ちょっと機嫌を損ねたが、大体笑顔で帰還。

 次回 「見えない真実」
   ミーアの軍慰問ライブ。
   ハイネが登場!!グフイグナイテッドも!!
   そして議長から、この戦争の真の敵が語られる・・・。

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。
posted by 藍色 at 21:32| Comment(4) | TrackBack(0) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます
、、、今日から盆明け、、、今日からまた仕事、、、疲れる、、、
じゃないコメントコメント

アスラン、、、セイバーに乗ってるころでは1番かっこいい時かも、、、
ゲルズゲーを追って盾を捨ててサーベル両刀使いをしてるところは最高でしたね
ただこれ以降オーブ軍及びAAとの戦闘で
アスランの迷走がはじまりますね、、、

そうそうついでにですけど
シンあんた
もしあのままアスランが坑道行くのを引き受けたら
もうインパルス乗ることできなくなってたよ
みんな「アスランが乗ったほうがいいのでは」ってね
セイバーはそうだねレイがのって
シン 君にはお下がりのブレイズザクファントム乗りなって感じかな
Posted by ゆう at 2005年08月16日 05:11
>ゆう様

コメントありがとうございます。
今日からもう仕事ですか。うちの父親はなぜかまだ家にいますけど・・・。
頑張って下さい。

確かに、この頃がまだかっこよかった。
オーブのあんな行動&AAの参入
これがなければ、アスランは迷う事もなかったでしょうね。

シン、それはあったかもしれませんねぇ〜(笑)
アスランですから、なんなく乗りこなしたでしょうしね。
Posted by 藍色@管理人 at 2005年08月16日 10:40
キラが主人公という決定は、自分もそう書いたの仕方ないと思ってますが…
自分は理解はできても納得はいかないっつーいい訳じみた人間なので、あしからず(何

この話は種死の中でも数少ない素直に面白いと思えた話の一つですね。
展開が速く、一師団が「打つ手無し」ということで静観を決め込んだ拠点を一隻と数機のMSだけで突破する辺り、スーパーロボットくさい展開ですが。
珍しくキラが出ない話で、奴が余計な事をしないと普通にシンも良い子に育ちそう見える辺り、やはりキラの存在が異端なんでしょうか。

ちなみに、個人的に面白いと感じたのは最初の1〜6話までと、キラ&自由初登場の話、この話、そしてキラ抹殺未遂の話ですね。
特に最初の話は、各メカの位置や空間、各キャラの特性(性格)がちゃんと表現されていています。

とまぁ、そんなこんなです。これから仕事〜orz
Posted by 草野かをる at 2005年08月16日 15:28
>草野かをる様

コメントありがとうございます。

そうですね、キラがいないだけでも、シンってもう少しまともに描かれたんじゃないかなぁと思います。
ストフリ登場の回は、私も好きです。
めちゃくちゃかっこいいですし。

草野さんも仕事ですか。
頑張って下さい!!
Posted by 藍色@管理人 at 2005年08月16日 21:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5924687

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。