2005年09月29日

本日の藍色的SEED論

 更新されてたデスティニ−公式サイトに、福田監督のインタビューが載ってました。
 その内容についてつっこんだ思った部分は、記事の一番下の「続き」から。

 さぁ、SEEDを振り返ってきたSEED論も今回が最終回!!

 49話「終末の光」

 ドミニオンが再び発進。
 ジェネシス第二波は月の地球軍基地。
 増援も壊滅。月基地も壊滅。
 戦闘中のキラ達。カガリも頑張ってます。
 早く核を撃て、とアズラエル。
 「あの忌々しい砂時計」ちょっと上手いぞ、アズラエル。
 渋るナタルに銃を向けるアズラエル。
 イザ−クも迎え撃ってます。しかし核が放たれ・・・。
 キラ・アスランが種割れして核を爆破。

 AAが接近してきたドミニオンではAAを「撃て」とアズラエル。
 やむなく命令に従い、マリュ−とナタルが同時にローエングリンを「撃てー!!!」

 オーブのアストレイが次々とやられる。
 それに対し、種割れするカガリ。
 なんで戦うんだ、と叫ぶアスランに、「やらなきゃやられる、そんだけ」とオルガら。
 カガリがシャニにやられそうになるが、助けるイザ−ク。おぉー?
 そしてイザ−クがシャニを!!イザ−クかっこいいーv
 
 ムゥVSクルーゼ。クロトもやられました。
 「わたくし達人は、おそらくは戦わなくてよかった存在。なのに戦ってしまった。自らの未来を」
 なんて語ってるラクス様。種割れですか?
 押されてきた地球軍。
 クルーゼとの戦いで負傷したムゥがAAへ戻ってくる。
 そんな今こそ撃て、とアズラエル。しかしフレイが「やめて」と止めるが投げ飛ばされる。
 そんなアズともみ合うナタル。総員退艦命令を。そしてAAへ行け、とフレイに。
 撃たれるナタル!!
 「あなたはここで死すべき人だ。私と共に」そしてまた撃たれる。
 そんなに女をいたぶって楽しいのかな、アズラエル・・・趣味悪い。
 「僕は勝つんだ、そうさ、いつだって・・・」
 勝手にローエングリンを操作。そして放ち・・・!!
 回避が間に合わない・・・とその時!!
 ムゥが盾になり・・・!!
 「やっぱ俺って、不可能を可能に・・・」
 ストライク爆散。
 泣き叫ぶマリュ−。

 AAが無事なのに驚くアズラエル。
 「あなたの負けです」
 またもやナタルを撃つ・・・。
 「ローエングリン、照準・・・!!」このときの三石さんの演技、凄いと思う。
 「撃てー!!マリュ−・ラミアス!!」
 放たれたAAのローエングリン。
 笑うナタル・・・。
 ドミニオン、大破。


 50話「終わらない明日へ」

 なおも呼びかけるラクス。
 そして薬切れのオルガ。

 「帰って・・・帰ってくるって言ったのに・・・!!」未だムゥのことで立ち直れないマリュー。
 ジェネシスへ向かおうとしていたキラだが、何かを感じて単身どこかへ。
 AAへ行こうとするフレイ。
 そしてAAへクルーゼが。そこにキラが!!
 クルーゼVSキラ。
 ミーティアがボロボロに。
 しかしドラグーンすごいですねー。

 もはやおかしい状態のオルガ。
 そこへイザ−クが!!オルガ爆散。
 しかしイザ−クすごいですね。終盤でガンダムを二機も落としましたよ。あ、だから白服になったのかな。
 そしてPSが切れるイザ−ク・ディアッカ。

 クルーゼ・キラの死闘。
 「僕は、それでも僕は、力だけが僕の全てじゃない!!」
 フレイに気付くキラ。そしてフレイを撃とうとするクルーゼ。
 キラが手を伸ばす。
 盾に当たり、助かった・・・かのように微笑んだ二人。
 しかし、ドラグーンが・・・!!
 「フレーイ!!!」

 フレイの幻覚?を見るキラ。
 「ありがとう、ごめんね」と誤るフレイ。そしてただ泣き叫ぶキラ。
 「守るから。本当の私の想いが、あなたを守るから」

 ローエングリンでジェネシスを破壊しようとするクサナギ・エターナルだが、それをも跳ね返すジェネシス。すげー。
 ヤキンに入ってコントロールを潰す、とアスランとカガリ。

 「君の歌は好きだったんだがね」クルーゼがエターナルへ。
 そしてキレたキラが「あなたは、あなただけは!!」とクルーゼに猛攻。
 こんな時でも「あなた」って言うのはキラらしいですね。
 これがシンだったら「あんたは、あんただけはー!!」って言ってるだろうなぁ。 
 あ、ていうかもう言った?(笑)

 ジェネシス、次はワシントンに。
 早くしろ、いう議長は、いさめようとした部下を撃つ!!
 ヤキンの中へ、アスランとカガリ突入。
 「撃たねばならぬ、滅ぼさなければならない」と議長。
 それをさっき撃たれた部下が、議長を撃つ!!そこへアスランが・・・。
 アスランに抱かれながらも、「撃て」といいつつな議長・・・。涙するアスラン。
 ジェネシスは自爆システムと連動しており、もはや止める事は出来ない。
 そこでアスランは
 「ジェネシス内部でジャスティスを核爆発させる」と!!
 そしてカガリに戻れ、と。
 アスランはいよいよ爆破させようとするが、そこへカガリが・・・。
 「逃げるな!!生きるほうが、戦いだ!!」

 クルーゼとキラの戦いも佳境に。
 「それでも、守りたい世界があるんだ!!」
 もはやボロボロのフリーダム。しかしサーベルでプロヴィテンスを貫いて・・・。
 ヤキン爆発!!そこにはフリダームとプロヴィテンスの姿が・・・!!

 カナ−バの停戦の放送。
 ストライクルージュにはカガリとアスランの姿が。
 泣きながら抱き合う二人・・・。
 みんなが状況を見守り・・・。そこへトリィが飛び出す。

 キラは宇宙を漂い・・・。
 そこへストライクルージュが。
 泣きながらも微笑んでいるカガリとアスラン。

 「僕達は・・・どうしてこんな所まで、来てしまったんだろう・・・。
  僕たちの、未来は・・・」
 しかし、ラクスからの指輪がやけに変な形で出てますよね・・・というか、いつのまにネックレスにしたんだ、キラ・・・。

 「二十一世紀のファースト」と言いますが、はじめは何のことだ、と思いました。
 でもまぁ、初めてガンダムを見た人にとっちゃ「二十一世紀のファースト」と言っても、まぁいいかもしれませんね。前からのファンにとっちゃふざけんな、でしょうが。

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。

 それでは、デスティニ−サイトに載ってた監督のインタビューへのつっこ・・・感想は、続き、から。
 昨日更新されてたんですけどね。

 監督のインタビューの言葉に、つっこまずにはいられなかったもので・・・。

 ・最終回を終えての感想(一部)

 『全体を振り返ると、主人公を三人配した「三軸の物語」

 え、主人公って三人だったんですか?
 キラとシンはともかく、あと一人って・・・やっぱアスラン?


 ・まだまだ書きたい要素はあった?(一部・少し変えてます)

 『一応やり残したことはない。が、全てを思惑通りには運べなかった
  ネオに関しては、「尺が足りなくなったら、バックれよう(笑)」とも思ってたが、何とか記憶を  取り戻させることが出来て、内心ホッとしている』

 何気に核心突いてる質問(笑)
 ってゆーか、オイオイオイオイオイオイ!!!!!!
 「やり残したことはない」?まぁ確かに思惑通りにはいかなかったようですね。
 しかし、ネオは「バックれよう(笑)」?
 (笑)なんて入れる場合じゃないだろーがぁぁぁ!!!!!
 はぁ・・・なんでこんな人が監督なんですか・・・。


 ・最終回の見所は?(一部)

 『クライマックスのデュランダルのシーンは、池田さんの熱演もあり〜。
  関俊彦さんや小山さんの演技も素晴らしく〜』

 ねぇ、確かにベテランさんの演技が素晴らしいのは分かるけど、見所なんだから、主人公のことを言ってあげようよ。特にシンとかさぁ・・・。
 あーもうほんとに、鈴村さんがかわいそう・・・。

 
 フフフ、最後の最後まで、こんなことを言ってくれた監督に、ありがとうを言いたいです・・・。

posted by 藍色 at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見下げ果てた監督はもう首切って良いでしょう。むしろ吊って来い草野です。

>主人公が三人
去年の今頃のコメントでは「前作の主人公と新たなる主人公の絡み〜」って書いてありますね。
………いつあったよ?
ていうか、1クール目は2軸じゃん。途中から出た奴を3軸目?どんな思考してんだ、ホント。
すっごい言い訳に聞こえますね。
過去にゲームで主人公が3人の奴をやったことがありますが、そっちの方がまだ面白かったですよ?ちゃんと個々の個性がありましたからね。
なのに、この使えない福田はキラしか目立てさせてないじゃん。シンはどこ消えたよ?アスランもキラに近いから出番が多いだけで、シン並の扱いだよ?どぉなってんのさ?
なんのためにシンを生み出したか、考えてみようよホント。

>ネオの件はバックレ
「自 分 使 え な い」発言キター!
バカ丸出しですね。事実そうであっても公言しませんよ普通。しかも笑っていうコトじゃねぇ。
ま、無能だからしゃーないか、福田は。監督と呼ぶのもおこがましい。
ていうか、アレで視聴者が納得すると?ホントに思ってた?
自分は中の人にほれ込んでたのであえて目をつぶってましたが、流石にこの一言は「カチン」ものですね。あの人にあんなしょぼいマネさせんな無能が。

>最後の見所
語 り た い の は そ れ だ け か。
3人目の主人公はなかったことですかあぁそうですかこれだから福田は。
使えないのは福田だけでいいよ。
ていうか、シンは悪いことしてないじゃん!主要キャラだって2人しか殺してないよ!!旧シリーズに比べたら圧倒的に少ないよ!?なんでさ!!
このコメントを見てから、これからも鈴村さんのファンでいようと切に思いましたさ。


そういえばラジ種のラストで鈴村・石田・保志さんがでてましたが、保志さんがこんなことを言ってましたね。
保志「キラは出過ぎるとボロが出るから出ないようにしてるんだよ。アスランは最初から出てたからボロが出たんだ」
この言葉からいくと、キラのボロを隠すためにシンとアスランがいるみたいに聞こえる。事実、そうでしたけどね。
後「キラは強すぎるから逆に演技するのに難しかった」とも。
的確な意見として、石田さんが「シンはもっと自分を持つにょ」とか云ってましたが、語尾の「にょ」のせいで台無しになった。


とりあえず、あのコメントを見る限り、まったく反省してるようには見えませんでしたね。
やはり富野監督がやらんと締まりませんねぇ。もっとも、富野監督はガンダムを見限ってるようですが。
自分は藍色さんと同じく「ありがとう」と共にグフで踏み潰してあげたい。そりゃーもーグリグリと。

どぉでもいい話ですが、種シリーズのMSの殆どがPS2の「J−フェニックス」シリーズにしか見えないのは自分だけ?羽があったり、その羽がファンネルになったりする辺りが正に。
ま、メカデザは同じ人なんですがナーorz
Posted by 草野かをる at 2005年09月30日 19:35
>草野かをる様

コメントありがとうございます。

絡み、なかったですよね。せいぜい、オーブであの墓標?の前で一言二言話したくらい。
しかも未だにお互いの顔、知らないし。
なんのためにシンを生み出したのか、本当に考えて欲しいです。まるでシンもエクステンデットみたいだ。

私も、切に鈴村さんのファンでいます。

おお、保志さんそんなこと言ってたんですか。
私は文化放送なので今日の深夜二時です。
石田さんの「にょ」ちょっと楽しみ(ていうか何言ってるんでしょうね、石田さん)

反省というか、本人は反省なんてしていないと思います。
富野監督が見放す気持ちも分かりますよ。自分の作品をああまでも捻じ曲げられちゃったら。

Posted by 藍色@管理人 at 2005年09月30日 21:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。