2005年04月14日

   本日の藍色的SEED論

 すごく間が空いてしまいましたが、やっと見れました。二十一話「砂塵の果て」から二十四話「二人だけの戦争」まで。

 二十一話「砂塵の果て」

 バルトフェルドさんがアイシャに離脱しろ、と言って、アイシャが拒否すると「ならば付き合ってくれ!」と叫ぶのですが。
 もう付き合いますよ、どこまでも!!(笑)
 てゆうか、もう付き合ってんじゃん。アイシャ。
 そしてカガリがスカイグラスパーで出る回でもありますが。
 カガリ強えなぁ。オーブの姫は戦闘もこなします。
 普通ありえないですがね。

 二十二話「紅に染まる海」

 キラの自己嫌悪が悪化。ここからバルトフェルドさんの言葉によって、戦うことに対しての違う考えでの苦悩が始まりますね。
 キラとカガリの会話を見ながら思った。
 この二人の性格が反対だったらよかったんだろうな。
 双子なのに、性格だけは反対で生まれてきちゃったんですねぇ。
 反対だったらちょうどいいんじゃないかな・・・。
 最後にアスランと二コルが休暇を終えてヴェサリウスに戻る時。
 アスランに声をかけられた二コルが頬を染めてた。誤解されるって。
 そんでアスランはコンサートの時、絶対寝てたな・・・。

 二十三話「運命の出会い」

 このタイトルは、本来アスランとキラの時に使うべきでは・・・。一話とかに。
 冒頭にマリュ―さんとムウさんが話をしてるんですが。
 変に幼いですよ、二人とも。オデコつんっ、とか。
 フレイの船酔いは絶対嘘だと思う。キラも甘いなぁ・・・。
 そしてサイの方がオトナだと思います。
 記念すべきザラ隊の誕生でした!!や、イザ―クが隊長って柄じゃないような。
 機体を運ぶ時、アスランのだけ遅れるんですが、もし遅れなかったら、カガリと出会うこともなく、下手したらキラとのちのち一緒に戦うこともなかったかもしれなかったのですねぇ。
 アスランがキラ達と一緒に戦うことにしたのは、自爆した後のカガリの言葉とかも影響してますからね。

 二十四話「二人だけの戦争」

 殺られるって時にあの声は反則だと思うよ、カガリ・・・。
 でも水に濡れたカガリは色っぽかった!!可愛いよ、やっぱ姫だね。 
 つーかなんで、服のなかにカニがいるって分かったのさ、アスラン!!どこみてんのよっ!!
 そしてすべって転ぶって、ホントにお前はエースパイロットなのか!!
 普通寝るのか?敵の前で寝るのか?
 カガリが銃を奪った後、ナイフを構えるのですが、構えた手、さりげなく下着を見えなくするためなんですか、アスランさん?だってちょうど良く見えなくなるんだもん。
 つーか服着てないの、早く気付けよ!!
 原画が平井さんでしたv素敵v

 なんか一人で言いたいこと言ってばっかですね。読みづら。ごめんなさい。
 早く続きがみたいのですが、なんせ学校もありますし、お金が・・・。
 これからはニコルとアスランVSキラが一番の見物ですね。



posted by 藍色 at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

   本日の藍色的SEED論

 今日、スペシャルエディション「遥かなる暁」を見ました。

 実はこの総集編に収録されてる部分をまだ見直してないので、どこが新しい映像でどこが取り直されてるのかわかりませんでした。

 ので、つっこむのは・・・。そうだな。
 
 アスランとカガリが出会ったとこ。
 いくら相手が女の子とはいえ、寝るなよ、アスラン・・・。
 しかも会った時に撃ってこられたりしたんだよ、いくら女の子でも。
 まぁ男なら確実に寝たりはしないと思いますが、ねぇ。
 ほんとにこいつは赤服のエリートなのか、と思ってしまいます。

 あとは、エンディング。
 新しい映像がありましたけど。
 なんなんだ、アスランとカガリのあれ!!
 まじでキスする五秒前って感じだったぞ!!(古)
 あそこはハワイでしょうな、よし、決定。ハワイ。

 このエディションの分は、後でしっかりそれぞれの話を見なおした時のSEED論で書きたいと思います。


posted by 藍色 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

    本日の藍色的SEED論

 今日は十八話から二十話まで見ました。

 十八話「ペイバック」
 
 バルトフェルトさんはかっこいいですねぇ・・・v
 置鮎さんも大好きです!!
 あ、今度の声優ネタは置鮎さんにしようかなぁ。
 
 街を焼かれた後のムウさんの言葉は確かになぁと思いました。
 正規の軍は普通あの程度で終ったりしませんよね。逃げろとか言わないだろうし。
 
 カガリさんはほんと活発すぎるお姫様ですねぇ。
 これは次の話のだけど、「てめぇ!!」とか言いませんよね、普通。
 キサカさんも苦労してるんだろうなぁ・・・。

 最後にキラが気持ちだけで何が守れるって叫んでカガリに平手打ちーっ!!なんですが。
 まぁ気持ちだけじゃ何も守れはしないけどねぇ。
 でも気持ちを持つのは大切なことです。


 十九話「宿敵の牙」


 思ったのは、バルトフェルトさんはあの時からすでにこの戦争に疑問を持ってたのではないでしょうか。
 だから攻撃する時も周りには「お遊び」と思われる感じでやってたのでは?
 真実は分かりませんがね。

 つーか、ミリアリアがキラがいなくて不安って言った時に、なんでトールは自分が守ってやるとか、ちょっとヤキモチっぽいものを感じなかったのはなんでだろう。
 普通自分がいるのに他の男がいなくて不安とか言われたらムカッとしないのかな?
 それがたとえあのキラでも。トールにとっちゃ別にキラはどうとも思ってないのかな。
 
 サイはほんとにかわいそうです。
 フレイもちょっと涙するくらいならやめればいいのに・・・。サイが哀れで仕方なかった。


 二十話「おだやかな日に」

 うふーふーv(←キモい)アスランが久々に出てたーv
 ハロに囲まれてびっくりしてたけど、あれ全部、キミがあげたんだよ、アスラン?
 オカピ可愛いですねぇ、欲しいなぁ。
 ラクスがキラを好きだと言ってたけど、ラクス、ほんとにキラでいいの?
 あんなにへタレなんだけど?(笑)
 つーか、一応婚約者なんだから、本人の前で言うなよ、そんな事は・・・。
 あのアスランの驚きは、どういう意味なんでしょうかね。
 帰りにほっぺにキスするのですが、思えばあのアスランにしては大胆では?(ヒド)
 CDでは、まぁ初めてだったのもあるけど、お茶を出されただけなのにあんなに動揺してたあのアスランにしては!!
 ・・・ごめんなさい、そうですよね、アスランだってやるときゃやりますよね。


 次ではバルトフェルトさんが一時お休みですね。
 そしてキラVSアスラン再びですねぇ。
 あ、その前にカガリとアスランの運命の出会いだぁ。
 複雑な気持ちになりつつ、萌えます(笑)
posted by 藍色 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

   本日の藍色的SEED論

 今日は十七話「カガリ再び」を見ました。

 前半部分は特に言うことはないのですが。

 サイとキラとフレイが言い合うシーンでのサイこと白鳥さんの演技はすばらしいと思いました。
 心底信じられない、という雰囲気がすごく出てます。
 つーかキラが黒い!!
 黒さMAXですよ!!
 ・・・まぁキラの言う事も分かるんですけどね。
 あの状況ならフレイを頼っちゃうのも仕方ないかなぁと思います。
 私でもあんな時に、隠れた本音があるとしても、優しい言葉を掛けられたら信じちゃいますね。
 最後にさりげなくキラ、フレイの腰に手ぇ回してるし!!
 
 11時からキッズステーションでデスティニ―の再放送の第一回があります!!
 今からビデオセットして食い入るように見ます!!
 その後、デスティニ―論書きますね!!





posted by 藍色 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

   本日の藍色的SEED論 特別版

 特別版、というのは、今日(四月三日)アニマックスで「機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション 虚空の戦場」をやってたので、その感想・・・、というかそんなものです。

 一話から二十一話「砂塵の果て」までの総集編でしたね。

 絵も新しく書き直されてたり、撮り直した部分があったり、セリフが変更されてたり、新しい映像が入ってたりと、初めて見た私的には楽しめました。

 ラスティが喋ってたりとか、ミゲルのセリフが増えてたりとかv
 ラクスの話し方、こないだ改めてDVDを見たときには最後辺りと喋り方やっぱ違うなぁ〜とか思ってたのですが、撮りなおされてたみたいで。

 そんでつっこみたいのは。

 問題のキラとフレイの・・・あのシーン!!

 ここまで見せていいのかぁ〜!と叫んでしまいました。
 そしてやっぱり私の思ったとおり!!
 フレイからでしたよね・・・あれは!!
 よかったぁぁぁ〜キラ〜・・・。
 って、
そこでそのまま流されるなよ!!

 手を握るとか、リ、リアルゥ〜・・・。
 やばかったっす・・・。ハァハァ・・・。
 その後もフレイがリードしたんでしょうか・・・?
 うあぁ、やばい、そういう話ばっかになっちゃう!!
 まだまだ話したいですが、ここで強制終了。


 つーか、二コルとアイシャ。
 声、違うし!!
 二コルは朴さん?アイシャは平野さん?
 なぜ?
 妹いわく、魔味さんがどーしたとか・・・。
 私、全っ然知りませんでした!!ま、アイシャはともかく。
 朴さんは悪くはないですけど、やっぱり〜。
 死ぬシーンとか、どうなるのかしら・・・。

 次の「遥かなる暁」も楽しみです。




posted by 藍色 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の藍色的SEED論 通常版

 昨日書けなかった十三話「宇宙に降る星」から十六話「燃える砂塵」まで。

 十三話。

 最初はイザ―クが救助船を撃った時、イザ―ク、そりゃないんじゃないの?と思ったのですが。
 イザ―クは救助船が逃げ出した地球軍のものだと思ったみたいですね。
 ハルバートン提督は最後まですばらしかった・・・。

 十四話はクルーゼさんの思考みたいだったので、割愛。

 十五話「それぞれの孤独」

 運命の十五話・・・(笑)
 キラのあの嗚咽はすごかったですねぇ。
 そんでここからはオトナな話になるんですが(笑)苦手な方注意。

 以前にも書きましたが、フレイ→キラですよね!!
 だってどう考えてもキラから行為に及ぶなんて事は、私には考えられない・・・。
 ここはSEED論 特別版でじっくりと語りたいと思います(笑)

 そしてカガリ再登場〜。
 
 十六話「燃える砂塵」

 通常放送してた当時、冒頭から絶叫。
 あぁ・・・。キラ・・・。
 でもちゃんと服着てた辺りはエライ!!(笑)
 しかし必死になって戦う姿には胸が痛みました・・・。

 バルトフェルドさん!!
 置鮎さん、最高・・・v
 置鮎さんは歌ってる時の声がヤバイです!!セクスィーです!!(SEED関係ないじゃん)
 そんでダコスタさん・・・v笹沼さん、お疲れです!!

 カガリがストライクに話す時に使うあれ、すごいと思いません?
 どういう構造になってるんだろう・・・。

 これからは題して置鮎さん編です!!(ヲイ)







posted by 藍色 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

    本日の藍色的SEED論

 さて、見途中だったSEED論。今回は十一話「目覚める刃」と十二話「フレイの選択」です。

 まず、十一話。

 ついにフレイが動き出しましたね。
 キラはお人よしなので、フレイが何を企んでるかを少しも知らず。
 「このお兄ちゃんが悪いやつは全部やっつけてくれるから」
 キラにとってはこの言葉はかなり重いものなのではないでしょうか。
 確かに、自分の力でフレイのお父さんの艦を守れなかった。
 その気持ちが強いからこそ、この言葉はかなりの重荷ですよね。
 「全部」とか。

 そして種がはじけたのってこれが初めてですか?
 あれはなんでしょうかね、要は行く所までいったってことですかね。
 そしてイザ―クが!!(笑)
 ついにあの顔に傷がついてしまいました。
 これから彼の憎しみはアスランに加えて、キラにも及びます(笑)


 そんで、十二話。

 女の涙って恐ろしいですね(笑)
 フレイのあの演技、なのか本音なのか分かんないですけど、あれは何も知らない人は簡単に信じちゃうよなぁ・・・。
 っつっても、その後のフレイは他のみんなに比べて、仕事らしき仕事をしているのを見たことがなかったような・・・。
 むしろキラを誘うのに忙しかったような・・・(笑)
 あぁ、それが仕事か!!(笑)
 パイロット殿の慰め、アンドお付き合い・・・(爆)

 というか、最後にキラは結局敵襲によりストライクの元へいくのですが、あれは酷いと思います。
 もっとちゃんと考える時間をキラには与えて欲しかったです。
 キラにとって軍に残ると言うことは、同朋のコーディネイターを撃つということだし、なによりアスランと戦わなければならないということで。
 それがいかに辛いことかを今までで十分分かってるけど、ムウさんに言われた出来る力があるなら出来ることをやれ、という事と、地球軍としては自分を必要としていると言うことを分かってる、これにすぐに気持ちを固めなきゃいけないと言うのは、かなり酷なことだと思います。
 ま、決定打は友達が残ることと、フレイも残ること、だと思いますが。

 いやぁ、当時はよく分からないままで見てたのでさっぱりでしたが、やっぱり分かって見る方がおもしろいですね。

 あと一時間でデスティニ―です!!今日はまたアスランばっかりのような気がしますv






posted by 藍色 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の藍色的SEED論

 またしても日付が変わってしまいました・・・。ごめんなさい!!

 時間がなかったので、九話「消えていく光」と十話「分かたれた道」の二つだけ見ました。
 
 まず、九話。

 ほんと、フレイってばなんでパック持ってたんだろう・・・(笑)
 救助された時の彼女は荷物なんか持ってなかったのに・・・。
 それともアークエンジェル内に置いてあったのですかね?

 キラとアスランの戦闘はやっぱり胸が痛みます。
 マジでやったら、どっちが強いんでしょうか?
 
 ・・・色々書きたいことは十話の方が多いので、ここまで(笑)

 で、十話。

 最後はどうなるか分かってるのに、やっぱり微妙にフレイに腹が立ちます。
 キラは大丈夫って確かに言ったけど、だからってキラのせいばっかりにするのはどうも・・・。
 ま、そこにはキラがコーディネーターだってのが絡んでるから・・・にしても。
 身内を殺されたばかりですから、仕方ないですかね。

 そんでつっこみたいのは、いくらなんでもさ・・・。キラ。
 
女の子が一人の、しかも寝ている部屋に無断で入るなっ!!

 恥じらいとかなかったんですかね・・・?一応緊張するとか。
 しかも相手はアスランの婚約者ですよ?ここで何かあったら、今度こそアスランとはお終いだよ?
 というかラクスもさ、少しは意識しろよ!!
 寝ている時にさ、部屋に来られたんだよ?それなのに寝ぼけて無防備な姿さらしちゃって・・・。
 健康なあれくらいの年の男の子だったら、とっくに・・・(略)
 キラを信用しているのかもだけど、普通では考えられないですね。
 
 そして引渡しの時、並んで立つアスランとラクス。
 
・・・やっぱ絵になるなぁ・・・!!

 見詰め合う二人なんか、もうお似合いですよ!!
 ラクスのお腹が少し気になりますが・・・(笑)
 ま、あったかもしれない、未来の二人の姿ってことで・・・(ヲイ)

 これからはどうなるんだっけ・・・。あ、フレイ!!
 ついにキラとフレイが・・・(涙)
 あれは当時見たときビビリました。
 おいおい、この時間に放送していいのかよ?って・・・(笑)
 それと同時に、キラもやっぱ男の子だったんだな★と思いました。
 だって疎そうじゃないですか?そのテの事は・・・(笑)アスランもだけど。
 私の予想では、フレイが誘ったと思うのですが・・・。どうでしょ?


 あ、今日のデスティニ―は五時半からですね、間違えないようにしなくちゃ。
 「デスティニ―論」は感想とダブるところがあるかもです。










posted by 藍色 at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

本日の藍色的SEED論

 今日、妹がSUIT CDのアスラン×イザ―ク×ディアッカを友達から借りてきたのでさっそく聞いてみました。

 イザ―クの歌って激しいんだろうなぁとか思ったんですが、意外にもしっとり系でちょっとびっくりしました。
 関さんは歌がお上手なので、聞き惚れてしまいました〜v

 で、ドラマ。

 いきなり冒頭から笑ってしまいました。ガラス?らしきものを壊して、「痛いっ」と言ってるイザ―クが可愛かったです。そしてディアッカがアスランはアカデミーでもトップで〜とか言った後、イザ―クがどうせ俺は・・・と言うときに母は平の評議員でって言ってたんですけど、評議員って時点で平だろうがすごいと思うのですが。な〜んてイザ―クに言ったら、また怒るんだろうな(笑)

 アスランの苦手なもの、「絵に歌」。確かに・・・。苦手そう(笑)楽器ならってイザ―ク言ってましたけど、何の楽器でしょうね?バイオリンっぽそう。あ、でもアスランのほうが絵になるな・・・(笑)ごめん、イザ―ク!!

 シュミレーション中に勝負を持ちかけるイザ―クの必死さが可愛かったです。間髪いれず「チェスで!!!」。関さんの言い回し、よかったです。

 その後のチェス勝負の後、結局イザ―クが勝ったのですが、アスランのあのセリフ・・・。イザ―クの感情を逆撫でするには十分でしたね。さすがアスラン(笑)負けても悔しさは表に出さず、別の方法でその恨みを晴らす。こりゃ〜イザ―ク勝てないわ(笑)でもひそかに悔しがってたアスランも可愛かったです。やっぱり似たもの同士ですね。


 思ったんですけど、SUIT CD ラクス×ハロで、アスランがラクスにハロをあげたとき、簡単な言葉を登録させたって言ってたのですが、「ラクス」はまだいいんですけど、「遊ぼ」とか・・・。あの真面目なアスランが「遊ぼ」って言葉を登録させてる姿、かなりウケます(笑)


 さっきSEED八話「敵軍の歌姫」を見てて思ったんですが、ラクスがザフトの正式名称を途中まで喋ってたんですけど、全部喋りきらずにフレイに遮られたのでわかりませんでした。何ていうんでしょうか?「ゾディアック アライアブ オブ フリーダム」で終ってたので(確か)。ZAFTのFまではわかりますが、Tってなんでしょう?軍って英語のことですかね?というか、なぜラクスは正式名称を知ってたんでしょうか(笑)ご存知のかた、いらっしゃればどうか無知な私に教えてください。そしてやっぱり「静かな夜に」を全部聞きたい。これも知っている方、教えてください。なんのCDに収録されてるか。

 と、いうわけで、本日のSEED論でした。





posted by 藍色 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

本日の藍色的SEED論

 なんかかっこつけたタイトルつけましたが、用は藍色がSEEDをみて感じたことや思ったことを書くことです。というか、一日に何回も書いてるけどいいのかな…。ないよりはマシですよね!!

 今日は急にSEEDを最初から見たくなり、ツタヤでDVDを1、2巻借りてきました。あとSUIT CDのハロ×ラクスも。

 最初に感じたのは、キラの私服って、他のみんなのよりどう見ても派手。
なんでキラだけあんなに凝ったデザインなんでしょうか。トールなんかほんと普通の学生って感じだったんですけど。やっぱ主人公だからか?

 次にアスランのことを言えば、初期のアスランの髪型が・・・。あんなだからデコとか言われるんですよ。次第によくなっていくんですけどね。あとデブリで作業し始める回でのアスランのシャワーシーンのあとの彼は、完璧女の子でした!!髪が濡れてたのがモロ女の子に見えました・・・v

 そしてディアッカって最初はあんなにいじわるだったんだ〜と思いました。二コルのこと弱虫だとか、アスランにきつい言葉かけてたりとか。最後あたりの彼にはどのようにしてなっていくんでしょうか。やっぱミリィの影響なのかな?二コルはアスランアスラン言ってて可愛かったですvあ、イザ―クは最初からイザ―クでした(笑)

 いや〜、キラがヘタレだったので見てておもしろかったです(笑)こんなにもへタレだったんですね。(キラファンのみなさん、ごめんなさい。でもそう見えたんです!!)それなのに、さっき先週のデスティニ―見たんですが、ますます今のキラがわからん。まぁ、彼も色々ありましたからね・・・。

 2巻はラクスがアークエンジェルに助けられる回で終るのですが、ラクスかわいいですね。やっぱ。ラクスの瞳の色が好きです。アスランにはもったいない!!(笑)CM明けの映像がその回からラクスとアスランの(のちにキラになる)あの映像になってたんですけど、でもこの二人ってなんだかんだ言って絵になるな〜と思いました。

 そんでそれからCDを聞きました。アスランの「うぅ〜、あうぅ〜」に真面目に質問するラクス。でもラクスはあんなにも天然ではないと思うのですが。つーか声が若い、というか幼いというか・・・。でも14歳の時の話だからあんなもんですかね。デスティニ―のラクスのあの声のトーンと比べると・・・。
 水の証もいい曲だと思いますが、私は静かな夜にのほうが好きです。でもこっちってちゃんとした曲としてCDに収録されてないんですかね?誰か知ってたら教えてください。

 SUIT CDは全部聞いてないので、これから全部制覇します!!楽しみ〜★


 
posted by 藍色 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。