2005年09月30日

いよいよ最終回!!

 さぁ、明日は機動戦士ガンダムSEED DESTINYの最終回ですよ!!
 まず、言っておきましょう。

 明日は五時半からの放送です。みなさんご注意。

 なんて言ってるけど、そんな自分がミスりそうで怖いです(笑)

 今日の文化放送では、ラジ種デスの最終回・・・。
 鈴村さんと保志さんと石田さんの三人で!!豪華だ〜。
 よし、絶対寝ないようにしよう・・・。

 さて、どんな決着をつけてくれるんでしょうかね。
 やはりレイはキラにやられるのか?
 ルナマリアは?
 議長は?タリアは?
 ラクスは?カガリは?
 アスランは?
 そして・・・シンは?

 公式サイトに載ってた監督のインタビューは気に食わないのですが。

 最後にまた言っておきます。

 明日は五時半からの放送です。間違えないようにね!!

 どんな終わりを見せてくれるのか、最後まで見届けたいと思います!!

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。

posted by 藍色 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

本日の藍色的SEED論

 更新されてたデスティニ−公式サイトに、福田監督のインタビューが載ってました。
 その内容についてつっこんだ思った部分は、記事の一番下の「続き」から。

 さぁ、SEEDを振り返ってきたSEED論も今回が最終回!!

 49話「終末の光」

 ドミニオンが再び発進。
 ジェネシス第二波は月の地球軍基地。
 増援も壊滅。月基地も壊滅。
 戦闘中のキラ達。カガリも頑張ってます。
 早く核を撃て、とアズラエル。
 「あの忌々しい砂時計」ちょっと上手いぞ、アズラエル。
 渋るナタルに銃を向けるアズラエル。
 イザ−クも迎え撃ってます。しかし核が放たれ・・・。
 キラ・アスランが種割れして核を爆破。

 AAが接近してきたドミニオンではAAを「撃て」とアズラエル。
 やむなく命令に従い、マリュ−とナタルが同時にローエングリンを「撃てー!!!」

 オーブのアストレイが次々とやられる。
 それに対し、種割れするカガリ。
 なんで戦うんだ、と叫ぶアスランに、「やらなきゃやられる、そんだけ」とオルガら。
 カガリがシャニにやられそうになるが、助けるイザ−ク。おぉー?
 そしてイザ−クがシャニを!!イザ−クかっこいいーv
 
 ムゥVSクルーゼ。クロトもやられました。
 「わたくし達人は、おそらくは戦わなくてよかった存在。なのに戦ってしまった。自らの未来を」
 なんて語ってるラクス様。種割れですか?
 押されてきた地球軍。
 クルーゼとの戦いで負傷したムゥがAAへ戻ってくる。
 そんな今こそ撃て、とアズラエル。しかしフレイが「やめて」と止めるが投げ飛ばされる。
 そんなアズともみ合うナタル。総員退艦命令を。そしてAAへ行け、とフレイに。
 撃たれるナタル!!
 「あなたはここで死すべき人だ。私と共に」そしてまた撃たれる。
 そんなに女をいたぶって楽しいのかな、アズラエル・・・趣味悪い。
 「僕は勝つんだ、そうさ、いつだって・・・」
 勝手にローエングリンを操作。そして放ち・・・!!
 回避が間に合わない・・・とその時!!
 ムゥが盾になり・・・!!
 「やっぱ俺って、不可能を可能に・・・」
 ストライク爆散。
 泣き叫ぶマリュ−。

 AAが無事なのに驚くアズラエル。
 「あなたの負けです」
 またもやナタルを撃つ・・・。
 「ローエングリン、照準・・・!!」このときの三石さんの演技、凄いと思う。
 「撃てー!!マリュ−・ラミアス!!」
 放たれたAAのローエングリン。
 笑うナタル・・・。
 ドミニオン、大破。


 50話「終わらない明日へ」

 なおも呼びかけるラクス。
 そして薬切れのオルガ。

 「帰って・・・帰ってくるって言ったのに・・・!!」未だムゥのことで立ち直れないマリュー。
 ジェネシスへ向かおうとしていたキラだが、何かを感じて単身どこかへ。
 AAへ行こうとするフレイ。
 そしてAAへクルーゼが。そこにキラが!!
 クルーゼVSキラ。
 ミーティアがボロボロに。
 しかしドラグーンすごいですねー。

 もはやおかしい状態のオルガ。
 そこへイザ−クが!!オルガ爆散。
 しかしイザ−クすごいですね。終盤でガンダムを二機も落としましたよ。あ、だから白服になったのかな。
 そしてPSが切れるイザ−ク・ディアッカ。

 クルーゼ・キラの死闘。
 「僕は、それでも僕は、力だけが僕の全てじゃない!!」
 フレイに気付くキラ。そしてフレイを撃とうとするクルーゼ。
 キラが手を伸ばす。
 盾に当たり、助かった・・・かのように微笑んだ二人。
 しかし、ドラグーンが・・・!!
 「フレーイ!!!」

 フレイの幻覚?を見るキラ。
 「ありがとう、ごめんね」と誤るフレイ。そしてただ泣き叫ぶキラ。
 「守るから。本当の私の想いが、あなたを守るから」

 ローエングリンでジェネシスを破壊しようとするクサナギ・エターナルだが、それをも跳ね返すジェネシス。すげー。
 ヤキンに入ってコントロールを潰す、とアスランとカガリ。

 「君の歌は好きだったんだがね」クルーゼがエターナルへ。
 そしてキレたキラが「あなたは、あなただけは!!」とクルーゼに猛攻。
 こんな時でも「あなた」って言うのはキラらしいですね。
 これがシンだったら「あんたは、あんただけはー!!」って言ってるだろうなぁ。 
 あ、ていうかもう言った?(笑)

 ジェネシス、次はワシントンに。
 早くしろ、いう議長は、いさめようとした部下を撃つ!!
 ヤキンの中へ、アスランとカガリ突入。
 「撃たねばならぬ、滅ぼさなければならない」と議長。
 それをさっき撃たれた部下が、議長を撃つ!!そこへアスランが・・・。
 アスランに抱かれながらも、「撃て」といいつつな議長・・・。涙するアスラン。
 ジェネシスは自爆システムと連動しており、もはや止める事は出来ない。
 そこでアスランは
 「ジェネシス内部でジャスティスを核爆発させる」と!!
 そしてカガリに戻れ、と。
 アスランはいよいよ爆破させようとするが、そこへカガリが・・・。
 「逃げるな!!生きるほうが、戦いだ!!」

 クルーゼとキラの戦いも佳境に。
 「それでも、守りたい世界があるんだ!!」
 もはやボロボロのフリーダム。しかしサーベルでプロヴィテンスを貫いて・・・。
 ヤキン爆発!!そこにはフリダームとプロヴィテンスの姿が・・・!!

 カナ−バの停戦の放送。
 ストライクルージュにはカガリとアスランの姿が。
 泣きながら抱き合う二人・・・。
 みんなが状況を見守り・・・。そこへトリィが飛び出す。

 キラは宇宙を漂い・・・。
 そこへストライクルージュが。
 泣きながらも微笑んでいるカガリとアスラン。

 「僕達は・・・どうしてこんな所まで、来てしまったんだろう・・・。
  僕たちの、未来は・・・」
 しかし、ラクスからの指輪がやけに変な形で出てますよね・・・というか、いつのまにネックレスにしたんだ、キラ・・・。

 「二十一世紀のファースト」と言いますが、はじめは何のことだ、と思いました。
 でもまぁ、初めてガンダムを見た人にとっちゃ「二十一世紀のファースト」と言っても、まぁいいかもしれませんね。前からのファンにとっちゃふざけんな、でしょうが。

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。

 それでは、デスティニ−サイトに載ってた監督のインタビューへのつっこ・・・感想は、続き、から。
続き
posted by 藍色 at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

本日の藍色的SEED論

 さあ、デスティニ−最終回まであと三日ですね!!
 このSEED論も、順調に行けば明日で終ります・・・。頑張った、自分・・・。

 47話「悪夢は再び」

 アバンはNジャマ−キャンセラーをアズラエルが手に入れたので、地球軍エライさん会議。
 核で総攻撃をする、と主張するアズラエルにとまどう周囲。
 「高い金かけて作ったのは、使うためでしょう!?」と力説。というか押し切る。

 ボアズで戦闘。
 イザ−クが「ジュール隊長!!」って呼ばれてます。嬉しいんだろうなぁ。
 ザラ議長とクルーゼ。この攻撃には何かある、とほのめかすクルーゼ。Nジャマキャンセラーが地球軍に渡ったって知ってるからな。
 その地球軍の核を持ってる部隊は「ピースメーカー隊」ですって。合ってるような合ってないような名前・・・。
 そして核をボアズへ撃っちゃいました!!驚くプラント。
 そして議長はジェネシスを使う、とヤキン・ドゥ−エへ。

 核攻撃を知るAAら。
 フレイは知らなかった、怖かった、と。

 そして再び戦闘へ。
 「一つでも、核をプラントへ落としてはなりません」とラクス。
 キラ、アスラン、ムゥ、ディアッカらが出撃。
 ここでミーティアを装着です。
 「平和を叫びながらその手に銃をとる。それもまた、悪しき選択なのかもしれません。でもどうか今、この果てない争いの連鎖を断ち切る力を」
 なんてラクスが言ってますが、前半はまさに悪しき選択なのかもね・・・。
 そして曲の「ミーティア」が!!やっぱいい曲だ〜v

 核がプラントへ放たれる。
 「プラントをやらせるなー!!」とイザ−クが急ぎますが間に合わない・・・!!
 そこへキラとアスランがミーティア全開で阻止。
 ラクスが呼びかける。
 ジェネシス発射準備。しかし、ジェネシスってミラージュコロイドしてたんですね。あとPS装甲も。
 発射されそうになり、フリーダムとジャスティスに離れろ、と話すイザ−ク。
 そしてジェネシス発射!!

 48話「怒りの日」

 ジェネシスが発射。
 みんな一時撤退。
 「もはやこれは戦争ではない。虐殺だ」誰のセリフだっけ・・・忘れちゃった・・・。
 地球軍は前線が壊滅。すぐに総攻撃をする、とアズラエル。

 AA側。
 エリカ・シモンズさんのジェネシスの分析。ガンマ線?わかんないな・・・。
 「人はすぐ慣れるんだ。戦い、殺し合いも」とバルトフェルド隊長。
 イザ−クと母。二射目の照準を聞こうとしたイザ−クだけど、聞けず。聞いたらディアッカ達に教えるつもりだったのかな。

 地球軍は再び発進。

 キラ達の別れ。
 キラを引き止めるラクス。指輪を渡す。
 「帰ってきてくださいね。わたくしの元へ」
 キラはほっぺチュ−。心配そうに見つめるラクス・・・。作画はきっと平井さんだな。

 アスランとカガリ。
 ストライクルージュで出る、とカガリに驚くアスラン。
 「死なせないから、お前」
 それってさ、もはや「ほって置けない」ってレベルじゃないよね?そーゆーことだよね?
 キラが弟だ、とカガリ。まぁ、確かに・・・。でもデスティニ−じゃお兄さんっぽいけどね。
 カガリを抱きしめるアスラン。
 「カガリに会えてよかった。君は、俺が守る」
 こっちは普通にチュ−。
 アスラン好きーとしては複雑・・・。

 そして地球軍の戦闘開始。
 出て行くときに、ムゥとマリュ−。
 「俺はすぐに戻ってくるさ。勝利と共にね」
 なんか大人なキスですね・・・。
 ディアッカにミリィが「気を付けて」だってv

 そしてジェネシス二射目は月の地球軍基地!!
 クルーゼもプロヴィテンスガンダムで出撃。
 そしてジェネ発射!!

 明日でやっと終れる・・・ハァ・・・。

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。
posted by 藍色 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

本日の藍色的SEED論

 頑張ってます、SEED論!!
 残す所、あと六話!!よし、頑張れ、自分!!

 いつの間にかメンテナンスしててびっくり。スパム対策を強化したようで・・・嬉しいなぁ。
 ここはあまりスパムないのですけど、人気ブログさんは必ずと言っていいほどコメントだったりTBだったりと、大変そうだったので。

 45話「開く扉」

 今の親が本当の親ではない、とキラに話すクルーゼ。
 そして
 「君は人類の夢、最高のコーディネーターだ」
 「唯一の成功体」
 とな。
 しかし、いきなり自分が最高のコーディネーターだと言われたって、正直実感ないですよね〜。

 アスランはなかなか戻らないキラを心配して行こうとするが、ラクスに止められ動けず。
 しかし、一番心配してるのはラクスだって。気付こうよ、アスラン。

 キラは放心状態。
 キラの本当のお父さんとお母さんが。
 キラを最高のコーディネーターにしようとする父・ヒビキさんを「やめて!!」と止める母。
 カガリはどっちかっていうとお父さん似で、キラはお母さん似ですね。

 クルーゼの主張。
 「私にはあるのだよ!!この宇宙でただ一人、全ての人類を裁く権利がな!!」
 いや〜、微妙にないと思いますよ。こういう言い方はなんですが、クローンだからって何もかもしてもいいってもんじゃないですよ・・・。
 以前会ったことがある、とムゥとクルーゼ。
 ムゥのお屋敷が燃えて、その時ムゥの父親と母親が死んだみたいですが、もしかして火を放ったのって、クルーゼ?

 イザ−クとディアッカ。
 キラがアスランと友達で・・・と話すディアッカ。

 ドミニオン発進。AAも戦闘配備に。

 キラとムゥの戦い。
 キラの投げた鉄くずがクルーゼに当たり、仮面が外れる!!やはり、ムゥのお父さんと同じ顔だったのかな。

 ドミニオンが来たとの事で、アスランも発進。さっそく種割れして戦闘開始。
 アスランも一対三に。きついな〜。
 
 ヴェサリウスに戻ってきたクルーゼ。薬をがつがつ飲んでます。苦しそう。
 つか、デスクの中に入ってたマスク。
 スペア多いな〜!!!

 キラとムゥも到着。キラも種割れして戦う。
 
 そのころ、救命ポッドに乗るフレイ。手にはあのディスクが。

 46話「たましいの場所」

 フレイを乗せたポッドが射出され、クルーゼも出撃。
 再び会ったイザ−クとディアッカは微妙な雰囲気・・・。

 戦うも、なかなか集中できないキラ。アスラン、頑張れ〜。
 何だか情緒不安定で、最初の頃のキラに戻ったみたい。
 ラクスが無理にヴェサリウスを突破する、と。また無理な事言ってるよ。

 ポッドの存在に戸惑う一同。しかしフレイが必死に呼びかける。
 そしてフレイだと気付くキラ。
 「鍵を持ってる」のセリフに反応したアズラエル。
 キラは何とかフレイを助けに行こうとするが、クロトに回収されドミニオンに。
 フリーダムは頭吹っ飛ばされちゃったよ!!よっぽど動揺してたんだな〜、キラ。
 アスラン、頑張れ。もはや君しかいない!!

 無理にフレイを追おうとするキラを連れて行くアスラン。
 「僕が守らなくちゃならない人なんだ!!」
 あ〜ま〜ね。キラって責任感じたら何とかしようとする人だからね。
 ラクス達はヴェサリウスを突破。すれ違いざまに敬礼するアスランとディアッカ。

 ナタルと再会したフレイ。抱きついたフレイをやさしく抱きしめるナタル。
 アズラエルは鍵しか興味はないらしく、さっそく鍵を見てみる。
 そこにはフリーダムとジャスティスの情報に、Nジャマ−キャンセラーの情報が!!
 大喜びのアズラエル。「やったー!!!」とか言ってるよ。

 戻ってきたキラ。ラクスとフレイがかぶってる。なんでやねん。
 「ごめん」と呟いて気絶するキラ。
 治療中のムゥと眠っているキラ。二人とも、よくあのファイルと写真を持ってくる余裕があったなー。
 カガリもかけつけ、再び目覚めるキラ。しかしやはりラクスがフレイと重なり・・・って、なんでよりにもよって「あの」場面が重なるわけー?
 写真の事を聞こうとするカガリだが、キラの様子がおかしいのでアスランが止める。
 二人は部屋の外へ。
 「なんだかあいつ、ボロボロだ」
 うん、ていうか、昔のキラに戻ったみたいだよ。

 「大丈夫、僕もう、泣かないって決めたから」
 「泣いていいのですよ。だから人は、泣けるのですから」
 だからってさー。好きな女の膝で泣くって、どうよ?
 「キラには哀しい夢が多すぎます。でも今ココにいるあなたが、全てですわ」と優しく声を掛けるラクス。しかしキラ、寝てんの?オイオイー。

 「みんなが、泣いてるみたいだな」とアスラン。に寄り添うカガリ。むむむ〜。
 最後に、ストライクルージュが。

 特別にエンディングの歌が長かったな。なんでだろ。

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。
posted by 藍色 at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

本日の藍色的SEED論

 さぁ、デスティニ−もいよいよ最終回。

 未だ終ってないSEED論を、なんとか終らせたいと思います。

 43話「立ちはだかるもの」

 月面で訓練中のドミニオン。艦長は少佐になったナタル。
 そこへアズラエルが。やつもオブザーバーとして乗り込む。
 クルーゼ。
 「アスランを撃てるか?」とイザ−クに聞くが、「無論です!!裏切り者など・・・」
 いざとなっても、やっぱ撃てないだろうなぁ、イザ−ク。
 そしてフレイに「鍵」をほのめかす。

 話し合いのラクス達。
 しかしアスランがいないので、探しに行くカガリ。
 「何も出来なかった」と落ち込むアスランを励ますカガリ。そーいやカガリはお父さんを亡くしたばっかりだったなー、と思ったのか、カガリを抱きしめて「ごめん」
 「ごめんて、お前」「いやだから、ごめん」
 なんか微妙に空気が読めない男ですね。そしてこのときの作画は平井さんでは!?平井さんっぽかったな〜vやっぱ平井さんのアスランが一番v

 新型三機のパイロットの情報を見るナタル。
 「三人ともパイロットではなく、装備扱いか」
 なんともヒドイですねぇ・・・。
 
 準備中のラクス達。そこへドミニオンが。
 戦闘配備。AA発進。
 攻撃はせず、まず話し掛けるナタル。何とか戦わないように、と頑張るナタルだが、マリュ−は拒否。
 オルガ達出撃。キラ、ムゥ、アスラン、ディアッカも出撃。
 ナタルは的確な指示で追い込む。
 クサナギはケーブルにひっかかって立ち往生。そんなクサナギに気付いたシャニ。に気付いたアスラン。何、やっぱカガリを助けるため?
 アスランはシャニとなので、一対二のキラ。
 クルーゼらも出てくる。
 ナタルの作戦が成功し、バカにしてたアズラエルも
 「いや、すごいね君」普通に感心してるよ。

 キラは苦戦中。
 クルーゼに気付いたムゥ。追いかけてコロ二ーの中へ。それにディアッカが
 「おい、おっさん!!」
 「おっさんじゃない!!」緊急事態だってのにちゃんと否定してるよ。

 キラがヤバイです!!って場面で終わり。

 44話「螺旋の邂逅」

 キラがヤバイ!!ってところで種割れ。
 しかしそれでも押され気味。アスランもシャニに押され気味。
 そんなキラに、アスランも種割れして助けに。
 アスランはシャニのビームをそのままシールドで押し込んじゃいました。すげー。

 コロ二ー内のムゥとディアッカ。
 ついにクルーゼとイザ−クと対峙。

 アスランにやられたシャニはキレて襲い掛かる。しかしむちゃくちゃ。
 そのころクサナギはやっと自由に。「もう引っかけんなよ」そうだね。
 AAVSドミニオン。ナタルVSマリュ−ですな。

 イザ−クはディアッカだと気付いていないので「よくもディアッカの機体で!!」と猛攻。
 
 クサナギが出てきたので、ドミニオンは撤退。オルガ達のもパワー切れだしね。
 「さすがに、引き際も見事ね」
 そりゃマリュ−よりは艦長としては優秀じゃないのかな。

 ムゥ達は戦闘中。
 そしてディアッカだと気付くイザ−ク。
 戻らない彼らを心配して、キラが出て行く。アスランも出ようとするが、キラに残ってくれ、と。
 もしこれでアスランも行ってたら、何か変わったんでしょうかね。
 「どういうことだ、貴様!!生きていてくれたのは嬉しい。だが事と次第によっては貴様でも許さんぞ!!」イザ−クが切れてます。しかしそれでこそイザ−ク。
 そこへキラが。なんかディアッカが「キラ」って呼ぶの、変な感じ〜。
 ここは任せてくれ、とディアッカ。
 「でも、僕とアスランみたいなことには、ならないで下さいね」
 う、なんか複雑やな。話をしよう、とディアッカ。

 クルーゼとムゥ。
 「所詮子は親に勝てぬということかな」あ、そーいうことか。
 ムゥが脇腹に怪我を!!そこへキラが到着。さっさとゲイツを落としてしまいます。
 そしてコロ二ーの中へ。
 イザ−クとディアッカ。銃を向けるイザ−ク。
 「俺はお前の敵か?」うぅ・・・。

 ムゥさんは脇の怪我の血がすごいことになってます!!そこへキラも。
 「マリュ−さんに、何て言えばいいんです」
 「生意気」
 キラって気付いてて言ったのかなぁ。言ったのか。
 しかし、「セーフティ外しとけ」外してなかったんかい!!

 イザ−クとディアッカ。
 「俺はプラントを裏切ったつもりも、敵になったつもりもない。ただ、軍の命令どおりナチュラルを撃つつもりもないんだ」とディアッカ。ミリィのおかげでねv

 ムゥとキラ。
 銃撃で、腕を撃たれるムゥ!!
 そしてクルーゼは写真を投げてよこす。
 それはカガリがもってたものと同じ・・・。
 そして、ムゥと父親。
 キラに話し出すクルーゼ・・・。

 ほんとに、この頃はMS戦が多くて見ごたえありました。
 というか、やっぱSEEDの方がおもしろかったと思う。

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。
posted by 藍色 at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

デスティニー49話「レイ」補足

 補足っつーほどの補足でもないのですが・・・。
 ま、一応ということで。

 「レイ」って題名なんだから、それなりにレイの事やるんだろうな〜(最終回間近にもかかわらず)と思ってたのですけど、そ〜んなにやんなかったですよね。
 レイにした意味、あるのか。

 レイが自分の境遇を話したとき、
 「だからその未来は、お前が守れ」
 って言うんですが、なんでシンに守らせなきゃいけないの?

 というかですね、そもそも、シンの欲しいとする世界と、議長が作ろうとする世界ってのは、一緒なんですかね?
 そんなこと、一言も言ってなかった気がする。
 そりゃシンは議長の言う事を信じてやってきましたけど、彼らが予想している結果が同じだとは限らない。
 なんでシンにやらせようとするのかしらねぇ。やりたきゃ自分でやれっての。

 さらには「オーブを救ってやれ」とまで言っちゃってます。
 シンにオーブを救う義理はないのですがね・・・。

 しかし、ネオ=ムゥがあれで説明されたのには不満です。
 いかにもなんとか間に合わせた、みたいな感じ。
 せっかくそれなりの答えを期待してたのに・・・あぁ、そもそもこれに期待することがおかしいのか。

 コメントしてくださったアスラン・ズラさんが仰ってたのですが、鈴村さんは最終回見るのでしょうかね?
 見ない気がする・・・。なんか、私だったら見ないかも。
 せっかくガンダムの主役をやったのに、前作の主役にその座を奪われるし。
 鈴村さんを、私はこれから応援します!!頑張って下さい鈴村さん!!あなたは十分素晴らしい声優さんですよ!!


 最終回は、結末がどんなになろうと構わないのですけど、ただアスランの種割れだけは期待したいと思います。

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。


posted by 藍色 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

九月二十四日放送 デスティニー感想

 最終回のラジ種デスは、キラ役・保志さんとアスラン役・石田さんがゲストの、新旧主人公勢ぞろいでお送りするようです。これは聴かなきゃ!!

 最初に言っときます。
 今日は長いです。や、いつもですけど〜。

 「レイ」

 アバンは発進準備のキラ・アスラン。
 メイリンがオペレーターしてますよ!!エターナルか〜。
 シンとレイは議長の所へ。何気にフェイスのおっさん出てますね。
 「ラクス、発進する!!いいね、アスラン!!」
 「ああ。行こう!!」
 やっべ、このアスランかっこよかったですよねー!!久々だよ、かっこいいアスランのセリフ聞いたの・・・v(笑)
 通信を開くラクス。そして呼びかける。
 「道を開けなさい!!」かっこいいですね〜。
 ミーティア装着。しかし、いつも思うのですが、ミーティアってはさむだけでいいんですかね?ただはさんでいるだけに見える・・・。

 そして初っ端から「ヴェスティージ」が!!
 呆然とするザフトMSらに、例のフェイスのおっさんが
 「自らの古巣と利権を頑なに守らんとする、やつらの残存勢力だぞ!!」と喝。
 前半はなんだか合ってる感じがするけど、別に彼らはロゴスじゃないんだけどね。
 戦闘開始。
 おっと字幕が出ました。そうです、来週はTBSの恒例のオールスター感謝祭のため、五時半からですね。みなさん間違えないように。
 しかし、使いまわし・・・。ミーティアのストフリ、OPのだし・・・。
 ミネルバにも応援しろ、と命令が。
 そしてイザーク!!何話ぶりだろう・・・v
 「あいつら〜!!」
 「でも連絡ないのは当たり前だぜ?俺たちはザフトなんだからな、やっぱ」
 え、連絡なかった事そんなに怒ってるの?イザーク達も向かう。

 議長に対面するシン、レイ。浮かない顔のシンに声をかける議長。
 戦闘ではジャスティス活躍してましたー。よかったー。
 そして「どうか終らせてくれ」と声を掛けるギチョ。
 なおも語りかけるラクス。「下がりなさい!!」
 レイは「デスティ二ープランは、絶対に実行されなければいけません」と後押し。
 「同じか」と聞かれ、戸惑うシン。そしてレイの言葉を思い出す・・・。
 「キラ・ヤマトという夢のたった一人を作る資金のために、俺たちは作られた」
 「ただ『出来る』という理由だけで」

 そう考えると、レイって哀しい存在ですよね・・・。
 しかし、その後のシンのあの演出は何なんですかね。
 「だからもう、全てを終らせて帰る」って、どこへ?
 「俺たちのような子供がもう生まれてこないように。だからその未来は、お前が守れ」
 いやあの、だからって何でシンが守らなきゃいけないのかなぁ・・・。
 そしてレイと同じだと伝えるシン。満足そうだな〜、議長・レイ・・・。

 「連合VSザフト」ちょっと欲しい。つか、なぜにナレーションがアズラエル!?

 激しい戦闘が続く。そしてネオもアカツキで出撃。ドム三人も出ました。
 イザークも到着。「俺が出る!!」とな。
 向かい合うタリア。
 同じ思いだけど、戦うしかない、「終らせるために」と決意するタリア・・・。彼女は本当にどうするんでしょうか・・・。裏切るってのはなさそうだけどな・・・。
 ここでまた字幕が!!も〜分かったって。
 イザークとディアッカ。
 「今俺が殴りたいのは、あいつだけだ!!よくもまたおめおめとあんな所に!!」要は一緒に戦いたいってことだよね。
 ルナマリアも発進。しかし、インパルスの換装シーンなんて今更やんなくてもいいと思うけどな・・・。これで二十秒くらい無駄にしてる気がする。
 
 エターナルを狙うインパルス・ルナマリアに気付くメイリン。
 「これでいいのよね、これでいいのよね・・・シン!!」撃とうとするルナマリア。
 「お姉ちゃん、やめて!!」メイリンが呼びかける。しかし、なんで通じるの?
 「何で戦うの!?何で戦うのよ!!どのラクス様が本物か、なんでわからないのよ!!」
 その言葉に躊躇するルナ。
 に気付いたドム三人。ジェットストリームアタックで攻撃。

 ミネルバ、タンホイザー起動。AAへ照準。
 避けようとするが、避けるとエターナルに当たる、とのことで避けきれず。
 「えっ、まじで!?」とか思ったのですが。
 ネオがー!!!
 正直ちょっとガッカリでしたね。またこの展開かよ、ってね。
 けど、違いましたね。
 これで思い出しましたね。ムウだということ。
 「マリュー!?俺は・・・」
 タンホイザーを撃つアカツキ。さすが、よく耐えたな。
 「大丈夫だ!!もう俺は、どこにも行かない。終らせて帰ろう、マリュー」
 「ムゥ・・・!!」 
 何気にアカツキすごいですね。ドラグーン?でAAを守ってるよ。こりゃカガリにはもったいないわ。

 アスランを助けるイザーク。ンフv
 ストフリとインジャスでステーション・ワンを破壊。こんな簡単に破壊できるのか・・・。
 シンとレイ。
 「心配しなくても、ルナマリアは無事だ。もっと信じてやれ。彼女は強い」
 え、あんなに邪見にしてきたのに、シンにはそんな声を掛けてやるの?
 「オーブはその力を世界中に見せつける気だ」
 いや、オーブは別に見せつけようとしてるわけじゃないと思うけど・・・。
 「お前が救ってやるんだ。あの国を。そういうことだろ」
 ついにはオーブまでも救えと言ってしまいました。シンやること多くて大変ネー。
 そのオーブはレクイエム本体を破壊できず!!

 メサイアも戦闘態勢に。
 ここでネオジェネシス登場。
 つか、ネオジェネシスー!?このネーミングセンスはどうにかした方がいいよ、ホント。
 これって、核で動くんですかね?だってNジャマーキャンセラー起動とか言ってませんでした?
 そして撃っちゃったー。あーあ。
 デスティニー・レジェンド発進。
 「さぁ、今度こそ消えていただこう。ラクス・クライン」
 シン・アスランとキラ・レイの戦い。
 「キラ・ヤマト・・・お前の存在だけは、許さない!!」最後だけクルーゼって感じしましたね。
 しかしキラは大変だー。姿は違うようだけど、中身は同じ人ともう一回戦わなきゃいけないからね。

 しかし、無理やり詰め込んだって感じですね。
 ネオがムゥだと思い出すシーン、同じような状況になると思い出しやすいと言いますが、わざわざそうやって思い出させるにしろ、もう少し早くにやっててもよかったのでは・・・。
 今日のでネオ=ムゥ、レイの本当の想い、アスランのインジャスの活躍、メイリンとルナの再会、ネオジェネシスの登場、イザークらの登場と、ギューギューに詰め込んでますな。
 まぁ、キラやアスランのMS戦闘シーンが多かったのはよしとする(特にアスラン)
 そうそう、エンディングのクレジット、一番最初は「キラ・ヤマト」でした。
 次がアスランで、三番目にシン。フゥ・・・。
 

 最終話「最後の力」 
  
 え、何が最後の力なんでしょう・・・。つーか。
 「明日を信じて、飛べ、フリーダム!!」
 フリーダムですか・・・フリーダムなんですか・・・最後くらい「デスティ二ー」でもいいんじゃ・・・。
 こんなんだったら、「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」でよかったんじゃあ・・・。
 そしてキラとシンは種割れするようですが、アスランは?ねぇアスランは!?

 携帯待ち受けは、二枚でした。
 一枚は、オープニングで背中合わせのシンとルナ。バックにはデスティニー。
 そしてもう一枚は、これまたオープニングの一番最後。キラが真ん中の、例のあの画です。

 そしてTBSでは深夜に再放送するようです。やはり続編か?これについては昨日の記事で。
 
 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。

 あ、来週は五時半からですよ。生で見る人も、ビデオ予約する人も、間違えないように気をつけましょうね。
 さぁ、どんな最後を迎えるのでしょうか。

posted by 藍色 at 22:35| Comment(6) | TrackBack(8) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

まさかね。

 今日から三連休ですねぇ。

 だから、今日はのんびり寝てました。
 ほんとは早く起きて、この一週間撮ったまま溜めてたビデオを一気に見ようと思ってたのに、起きたら昼の十二時でした。

 それからビデオ見出したんですけど、ごめんなさい。
 今日SEEDの残り見ようと思ってたのですが、見れませんでした・・・。

 ですので、昨日の再放送版の最後に書いたことについて再び。

 どうやらデスティニーの再放送をするようですが、これは私の住んでるところではやるらしい、という感じですので、日本全国全ての都道府県でやるのかっつーと、私にはわかりません。
 各自確認してくださいね。

 そして同時に思ったことが。

 ・・・やっぱ続編やるのかなぁ・・・。

 ってことです。
 SEED終了後、当時私の住んでたとこではやらなかったのですが、どうやら他のところではSEEDの再放送してたようですね(いや、ちょっと確かかどうかわかんないのですが)
 で、その後「デスティニー」やったでしょー。
 ・・・これはまさか。
 二度あることは、三度ある・・・。
 いえ、二回もやったわけじゃないですけど。
 もしかしたら、なんて思ってしまいました・・・。

 どうなんでしょー・・・。
 以前私が目にした、デスティニーの続編と言われているもののあらすじに、アスランがプラント最高評議会の議長になる、みたいなこと書かれてまして・・・。
 ・・・ちょっと見たい(コラ)

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。
posted by 藍色 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

本日の藍色的デスティニー論 再放送版

 「決定!!史上最強アニメランキングベスト100」、見ました?
 一位はやはりガンダム(初代の)でした。
 で、「ガンダム」の意味は何でしょう?という問題があったのですが、こないだBSでガンダム特集したときに、富野監督のインタビューで監督が仰ってたと思ったのですが思い出せず・・・。
 「フリーダム・ガンボーイ」の「フリ」と「ガン」を合わせたものなんですってね。
 しかし・・・「フリーダム・ガンボーイ」?
 どういう経緯でそうなったのか、ぜひ知りたいです。

 あ、あとデスティニーではタリアをやっている小山さんが、「アラレちゃん」の時に出ていらっしゃいました!!
 初めて小山さんを拝見したのですが、お綺麗な人ですね〜。

 このブログは、ハイネが・・・の回から書き始めたものなので、再放送も追いつきました。
 よって今回が再放送版 最終回!!
 本編より早く最終回!!(笑)

 「蒼天の剣」

 アバンは宇宙で戦闘中のザフトと地球軍。
 そしてロゴスのメンバーに責められているジブリール。しかし、ほんとにロゴスの人たちって、ジブリールが言わなきゃ出来ないんですねぇ、何事も。
 オーブに黒海奪取をやらせようと提案するジブリール。

 いつもの記憶消去作業の時に暴れるステラ。
 シンからもらったハンカチをとられないように、と・・・。それをなだめるネオ。
 「我ながら、悪いおじさんになった気がするよ。
  記憶ってのはあったほうが幸せなのか、無い方が幸せなのか」
 悪いおじさん・・・ププ。もう自分は「おじさん」だと思ってるのね、ネオ・・・。

 ディオキアのミネルバ。
 ハイネが到着。レイやルナやシンと。
 「ハイネでいいよ。そんなかたっくるしい」
 「ハーイーネ」
 やはりいい人ですよね。そしてアスランのことを名前で呼ぶように、と。
 「俺もああいう風にやれたらいいんだけどね。ちょっとなかなか・・・」
 「隊長」
 「アスランだ、シン」
 いや、君には無理ですよ。知ってた?君みたいな性格の人が無理にそんなことすると、逆に寒いだけだって。
 
 オーブも出航。ユウナ酔ってます。
 そのころ、起きだしたファントムペイン。ステラはハンカチの事をすっかり忘れてるよ・・・。
 黒海の作戦について話し合うミネルバフェイスら。
 そこでアスランはオーブが来ていることを知らされ・・・。
 カガリもそれを知りました。
 ついでにシンも知りました。
 
 アスランとハイネ。
 「じゃあお前、どことなら戦いたい」
 「そういうことだろ。割り切れよ。今は戦争で、俺たちは軍人なんだからさ。
  じゃないと、死ぬぞ」
 ハイネェェ〜v

 ユウナはネオらと合流。作戦を説明。
 でもさー。それってトダカさんのうけうり、っていうかそのまんまでしょ?どーせ。
 ミネルバパイロットはスタンバイ。なのに荒れるシン。
 エレベーターで
 「カガリが、彼女がいれば、こんなことにだけはならなかったかもしれないけどな。まだ色々と出来ない事は多いけど、気持ちだけはまっすぐな奴だよ、カガリは」
 「そんなの、意味ありませんよ!!国の責任者が気持ちだけだなんて」
 ここはシンのほうが言い分は合ってる気がする・・・。気持ちだけまっすぐでも、出来ないものは出来ないでしょ。気持ちは大事だけどね。
 「君は本当は、オーブが好きだったんじゃないのか?」
 ついにこの言葉が。これこそ、シンの奥底を突く言葉ですね。
 
 オーブ出撃。シン、アスランも発進。戦闘開始!!
 ミネルバはタンホイザーでなぎ払おうとする。
 タンホイザー起動、そしてはっしゃ・・・。
 一筋の光が、貫いた。
 出ました。影の、いや、真の主人公、キラ・ヤマト降臨です!!
 
 いやぁ、ここでなんともムカツクお知らせです。
 デスティニー放送終了後、「BLOOD+」が始まりますが。
 
 その前の五時三十分から、デスティニー、再放送する模様です。
 
 ま〜じ〜か〜よぉ〜!!!
 今まで苦労して撮り直して来た私の苦労は何だったンだぁぁぁ〜!!!!

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。

 追記:ガンダムの「マチルダ」さんの声優は、戸田恵子さんなんですか?
    今「電車男」で出ていらっしゃってたので・・・。

 
posted by 藍色 at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | デスティニ― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

本日の藍色的SEED論

 昨日の講義で、「The SEED of song」と英語では書かれる歌を聞きました。
 日本語に訳すと、小さい子向けの歌なんですけどね。
 思わず反応してしまいました・・・。
 あ、あとうちの大学の生協でも、例のフィギア付きぺプシが売ってました・・・。
 まさかと思ったけど、まさか本当に売ってるなんて・・・。でも買えない・・・買えないよ!!

 41話「ゆれる世界」

 このときから、オープニングは「Realize」になりました。
 今までの、そして今のデスティニーのオープニング映像のなかでも、このときのが一番好きです。
 最初にラクスをバックに背中合わせに立っているキラとアスランのが好きです。
 そして最後の、フリーダムとジャスティスをバックに、キラ・アスラン・ラクス・カガリが並んでいるところも。
 平井さんの画に惚れ惚れします・・・v

 さて、宇宙に上がったクサナギとAA。そこでクサナギはドッキング。
 落ち着いたカガリですが「泣くな、とは言えぬよ、今は」とキサカさん・・・。
 キラとアスランがカガリのところへ。しかし、なんでアスランは部屋に入らないの?
 まだ何とも思ってないのかしらん。キラに抱きついて泣いてるよ〜。

 大人たちの話し合い。
 そこでムゥさんが、アスラン・ディアッカに問う。
 「まして、そのトップにいるのが自分の父親」
 「自軍の大義を信じてなきゃ、戦争なんて出来ないんだ。それがひっくり返るんだぞ」
 んん。確かに。アスランなんてまさにそれで戦争してたしね。
 しかし、
 「自分が願っている世界は、あなた達と同じだと、今はそう感じています」
 と返答。おー、さすが。
 「しっかりしてるねぇ。キラとは大違いだ」
 「・・・昔からね」
 そりゃー、学校の課題をしたくなくて、ギリギリまでやってなくて、最後はいつものようにアスランに手伝ってもらってたからねぇ、キラは。
 なんでか知らないけど、アスランを見て頬を染めるカガリ・・・。

 その頃ラクスは反戦活動中。
 シーゲルさんが殺されました・・・。ラクスの言葉に惑わされるな、とザラぎちょーの演説。
 「婚姻統制を行っても生まれてこない子供たち。すでに未来を作れない」
 とラクスが言いますが、コーディネーターなのにその辺は上手く出来ないんですね。
 クルーゼらに本国への帰還命令が。
 そのころ、ビクトリアはすごいことになっちゃってました。
 そして、フリーダムらは核のエネルギーを使っているのではないか、と思うアズラエル。何気にこいつ、賢いな・・・。アズラエルも宇宙へ。

 クサナギでは。
 父の言葉やラクスからの言葉で悩んでいるアスラン・・・に、キラ、とカガリ。
 キラに話がある、とカガリが切り出したのでその場を離れようとするアスランですが、「いてくれ」と残るよう言うカガリ。
 そしてキラにウズミさんから渡された写真を見せる。そしてアスランの腕を掴むカガリ。ぬー。
 驚くキラ。しかし、未だにこの二人が双子だなんて信じられないです。確かに顔は似てるけど、性格は正反対だからなー。

 プラントへ戻るクルーゼら。
 フレイに「私がちゃんと君を守る」
 せーきさーんv素敵すぎぃぃ!!はうぅ・・・。大人の魅力ですよ・・・v
 一旦AAに戻るキラ達。
 アスランはキラにプラントへ一度戻る、と話す。

 その頃、月の地球軍基地では、ナタルが少佐になって新型艦・ドミニオンの艦長に!!
 でもこのドミニオンの色、暗いですよねー。なんかまさに敵って感じ。

 
 42話「ラクス出撃」

 アバンはアスランがプラントへ戻る所から。
 自分が戻らなかったら、ジャスティスが君が使え、とディアッカに伝えるアスランですが、ディアッカは拒否。そりゃね〜・・・。
 カガリがなんで戻るんだ、と引き止めるが、アスランは出発。

 プラントではイザークの母(三石さん)が演説。
 クルーゼはなにやら取引を・・・。
 議長と話をするバルトフェルド。なんか「頑張ります」みたいなこと言いますが、うそだしね。

 護衛してきたキラに戻れ、と話すアスラン。
 「アスラン。君はまだ、死ねない。君も僕も、まだ、死ねないんだ」
 なんか・・・分かったようで分からない言い方です・・・。
 しかし、よくもまぁ堂々と地球軍の船で戻ったなぁ、アスラン。

 そして父と対面。
 この戦争は何なのか、と問うアスラン。しかし向こうも引き下がらず。
 その事態を、ラクスも気付いた。
 「まぁ、これはいけませんわね。どうにか出来まして?」
 「え?」
 ダコスタ・・・お疲れっす!!頑張れ、ダコスタ!!

 二人は口論してました。
 そしてナチュラルを全て滅ぼす、と言っちゃったザラ議長。それに驚くアスラン。
 そして銃口をアスランに向ける。セーフティ外してるし・・・。
 躍起になってしまうアスランは撃たれてしまう。しかし、似てない親子ですね・・・お母さん似だな、アスランは。
 護送されそうになりますが、周りをなぎ倒し逃走を試みるアスラン。
 にびっくりするダコスタ。
 「もう、段取りがめちゃくちゃだ!!」お、お疲れ・・・。

 エターナル。
 バルトフェルドさんが「最終準備にかかる」と放送。これが暗号だったんですね。クライン派以外は船から降ろされる。
 ラクスも到着。あの服に着替えてます。
 「では行きましょうか」
 「はい」このはい、ちょっと可愛いv
 しかし、「エターナル、発進してください」これは凛々しくて良い。
 めちゃくちゃ早いですねぇ。
 アスラン合流。
 「ようこそ歌姫の船へ」
 ヤキンの防衛MSが出てくる。それに対し、チャンネルを開き、「どうか船を行かせてください」と話し掛けるラクス。
 しかしそんなの信じるわけがなく、攻撃してくるMS。エターナルにMSはないのでピンチ!!
 そこへキラが援護に!!
 しかし、なんでこの船が味方だと分かったんでしょうかね、キラは。
 あっ、そうか、なんせキラはスーパーコーディネーターだからな。

 L4でAA、クサナギと合流。
 バルトフェルドに驚くキラ。
 「あなたには、僕を撃つ理由がある」
 だけど、戦争だから、ときかせる隊長。ええ人やー。

 キラとラクスが話しているのを見ているアスランとカガリ。
 「いいのか、お前の婚約者だろ?」
 「・・・元、ね。オレは、バカだから」
 これって、つまりはアスランはちょっとはラクスが好きだったってことなんでしょうか?
 そして、シーゲルさんが死んだことを、キラの胸で悲しむラクス・・・。
 我慢してたんだよなぁ。

 デスティニーに比べると、やはり話の展開はSEEDの方がまだマシだったと思います。

 人気ブログランキング ←押してくださると幸い。
posted by 藍色 at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | SEED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。